このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第97回

2017年の目標を計画・管理できるオススメ神iPhoneアプリ3

2016年12月29日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ2016年も終わり。そろそろ来年の予定や目標を考えているのではないだろうか。しかし、単に「外国語を頑張ろう」とか「筋トレしよう」とか「起業したい」といった曖昧な目標設定だと、なかなか実現しないもの。そこで、今回は2017年の目標を計画・管理できるオススメ神アプリを3つ紹介する。

目標に近づく歩みをiPhoneアプリで管理しよう

日々の鍛錬を積み重ねるなら
「Googleカレンダー」のゴール機能を活用しよう

 毎日少しでもいいから、継続して何か努力をしたい、と考えている人は多いだろう。語学学習やダイエット、筋トレ、資格勉強など、継続こそが力なり、というタスクだ。そんな時に、便利なのがスマホ向け「Googleカレンダー」アプリの「ゴール」機能だ。

 2016年4月にiOSとAndroidの「Googleカレンダー」アプリに追加された機能で、目的に応じた内容を選択すると自動的に予定としてカレンダーに追加してくれるというもの。単に繰り返し予定を作成するのではなく、ユーザーの空き時間に入れてくれる。その時間に予定が追加されたら自動的に調整してくれるし、事前の通知も可能。さらに、予定時間が経過したら、タスクを完了したかどうかの確認もしてくれるので、モチベーションを維持しやすい。

 基本メニューにはジョギングやヨガ、外国語の学習、瞑想などの項目が登録されており、「カスタム」で任意の項目を追加することも可能。「友達や家族」カテゴリーには「母親に電話」という項目があるが、確かに放っておくと何ヵ月も電話しないので、ゴールに設定しておくのもありなのかな、と感じた。

「Googleカレンダー」アプリで目標達成スケジュールを作成してみる。まずは右下の「+」をタップする「ゴール」をタップする
ゴールのカテゴリーを選択する小項目を選択する。ないなら「カスタム」で作成できる。ここでは、外国語の学習を選ぶ
言語を選択するが、モンゴル語がないので直接入力する実施したい頻度を選択する
1回の予定で必要な時間を選択するなんとなく都合の良さそうな時間帯を設定しておく
設定できたカレンダーに登録された
通常の予定と同様、1時間前に通知が来る時間が過ぎると、タスクを処理できたかどうか確認される。無理だった場合は延期することもできる「ゴール」機能で追加した項目は、Googleカレンダーで編集しよう。他のカレンダーアプリだと、きちんと反映されないことがある

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART