このページの本文へ

iPhone 6s新機能「3D Touch」の活用術 ― 第3回

3D Touchでもマルチタスキング機能が使える

iPhone 6sの3D Touchでホームボタンを押さずにアプリを切り替える方法

2015年10月01日 18時00分更新

文● 佐藤 正人/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「3D Touch」とは、iPhone 6s/6s Plusより新たに利用できるようになった機能で、iPhoneの画面をタッチする強さによってさまざまな操作が可能になるというもの。画面を軽くプレスする「Peek(ピーク)」と、より深くプレスする「Pop(ポップ)」がある。

 iPhoneにはアプリを切り替えるための「マルチタスキング」機能があり、ホームボタンを素早く2回押して使うのは周知のとおりだろう。

 iPhone 6s/6s Plusでは、新しく搭載された3D Touch機能を活用することで、ホームボタンを押さずにマルチタスキングを実行できる。これは、iPhoneを長いあいだ使っていると起こりやすい、ホームボタンのトラブルを避けるのに有効な方法だ。

ホームボタンを使わずにマルチタスキング機能を利用する方法

iPhone 6sの3D Touchでホームボタンを押さずにアプリを切り替える方法
画面の左側をプレスする

 今回紹介する方法では特に設定などは必要なく、画面の左側をプレスするだけでOK。ホーム画面のほか、メールやカレンダー、地図などのアプリを使っているときでも機能する。ただし、装着しているケースによっては画面の端をプレスしづらい場合があるので注意が必要だ。

3D Touch 3D Touch
マルチタスキング画面 スワイプでアプリを終了できる

 また、マルチタスキング画面で上に向かってスワイプすると、不要なアプリを終了させることができる。

■関連サイト
アップル

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中