このページの本文へ

iPhone 6s新機能「3D Touch」の活用術 ― 第8回

ホーム画面から各アプリのショートカット機能が使える

Evernoteも! iPhone 6sの3D Touchクイックアクションに対応したアプリ5

2015年10月09日 18時00分更新

文● 佐藤 正人/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「3D Touch」とは、iPhone 6s/6s Plusより新たに利用できるようになった機能で、iPhoneの画面をタッチする強さによってさまざまな操作が可能になるというもの。画面を軽くプレスする「Peek(ピーク)」と、より深くプレスする「Pop(ポップ)」がある。

 iPhone 6s/6s Plusでは、3D Touchを活用することでホーム画面からアプリの各メニューへ簡単にアクセスできるショートカット機能「クイックアクション」が搭載された。これにより、少ないタップ数で各メニューを素早く呼び出すことができる。

 そこで今回は、クイックアクションに対応したアプリを5つ紹介する。

カレンダー

 iPhone標準のカレンダーアプリでは、クイックアクションで「イベントを追加」が呼びだされ、新規イベントの登録画面を一発で起動することができる。

カレンダーのクイックアクション

写真

 写真アプリでは、最近撮影した「最新」、好きな写真をお気に入り登録した「お気に入り」、過去に撮影した写真を振り返る「1年前」、端末に保存してあるものから目的の写真を探す「検索」をクイックアクションで起動することができる。

写真のクイックアクション

メモ

 メモアプリでは、新しくメモを作成する「新規メモ」、写真を撮影して新規メモとして登録する「新しい写真」、iOS9より搭載された「スケッチ」を作成して新規メモとして登録する「新しいスケッチ」を起動できる。

3D Touch 3D Touch
メモのクイックアクション iOS 9より搭載された「スケッチ」

リマインダー

 リマインダーアプリでは、リマインダーを新規で登録する「“リマインダー”に新規作成」、タスクを新規で登録する「“タスク”に新規作成」、Workを新規で登録する「“Work”に新規作成」を起動できる。

3D Touch 3D Touch
リマインダーのクイックアクション リマインダー、タスク、Workの3つがある

Evernote

 アップル純正アプリのほか、Evernoteも3D Touchでのクイックアクションに対応しており、新しくノートを登録する「新規ノート」、撮った写真を新しいノートとして登録する「写真を撮影」、そして「リマインダーを設定」を起動することができる。

Evernoteのクイックアクション

■関連サイト
アップル

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中