このページの本文へ

iPhone 6s新機能「3D Touch」の活用術 ― 第13回

人気のアプリも続々登場!

MacやiPadの所在地が素早くわかる iPhone 6sで3D Touchクイックアクションができるアプリ5

2015年10月20日 17時00分更新

文● 佐藤 正人/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
3D Touchを利用したクイックアクション

「3D Touch」とは、iPhone 6s/6s Plusより新たに利用できるようになった機能で、iPhoneの画面をタッチする強さによってさまざまな操作が可能になるというもの。画面を軽くプレスする「Peek(ピーク)」と、より深くプレスする「Pop(ポップ)」がある。

 iPhone 6s/6s Plusでは、3D Touchを活用することでホーム画面からアプリの各メニューへ簡単にアクセスできるショートカット機能「クイックアクション」が搭載された。これにより、少ないタップ数で各メニューを素早く呼び出すことができる。

 今回は、クイックアクションに対応しているアップルの純正アプリを5つ紹介する。過去に紹介した記事もあわせてチェックしてほしい。

iPhoneを探す(Find iPhone)

 MacやiPadなど、所有しているデバイスの所在地がクイックアクションで確認できる。タップすると、地図上にそれぞれの所在地が表示される。

3D Touch 3D Touch
iPhoneを探す(Find iPhone)のクイックアクション 遠隔操作でロックをかけたりサウンドを鳴らしたりできる

Game Center

 登録すると友達と一緒に遊べるようになる「友達リクエストを送信」を起動できる。

Game Centerのクイックアクション

メッセージ

 過去にやりとりをしたスレッドと、新しくメッセージを作成する「新規メッセージ」を起動できる。

メッセージのクイックアクション

友達を探す

 相手に自分の現在地情報を送信する「自分の位置情報を共有」を起動できる。

友達を探すのクイックアクション

iBooks

 今読んでいる途中の本、iBooks Store内で書籍を探す「iBooks Storeを検索」を起動できる。本が複数ある場合は、どちらかを選択して続きを読むことができる。

iBooksのクイックアクション

■関連サイト
アップル

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】視聴者がガチでXmas自作PC構成を決めるジサトラ出張

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください