このページの本文へ

iPhone 6s新機能「3D Touch」の活用術 ― 第9回

Yahoo!乗換案内やSparkも対応

自宅までのルートを一発検索! iPhone 6sの3D Touchクイックアクションに対応したアプリ5

2015年10月13日 19時00分更新

文● 佐藤 正人/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「3D Touch」とは、iPhone 6s/6s Plusより新たに利用できるようになった機能で、iPhoneの画面をタッチする強さによってさまざまな操作が可能になるというもの。画面を軽くプレスする「Peek(ピーク)」と、より深くプレスする「Pop(ポップ)」がある。

 iPhone 6s/6s Plusでは、3D Touchを活用することでホーム画面からアプリの各メニューへ簡単にアクセスできるショートカット機能「クイックアクション」が搭載された。これにより、少ないタップ数で各メニューを素早く呼び出すことができる。

 前回に引き続き、クイックアクションに対応したアプリを5つ紹介する。

Yahoo!乗換案内

 駅、バス停、住所、電話、施設、ランドマークなど、ルート案内ができるYahoo!乗換案内では、自宅までのルートをワンタップで検索できる「自宅へ帰る」、現在地から任意の場所までのルートをダイレクト検索できる「到着地を指定する」、あらかじめ登録しておいたルートメモ一覧画面を表示するショートカット「ルートメモ」、そしてMyルートの一覧画面を表示するショートカット「Myルート」を起動できる。

3D Touch 3D Touch
Yahoo!乗換案内のクイックアクション 自宅や職場の住所を登録しておくと良い

App Store

 App Storeアプリでは、iTunesコードを登録する「コードを使う」、ストア内でアプリを検索する「検索」を起動できる。

App Storeのクイックアクション

ミュージック

 ミュージックアプリでは、Apple MusicのBeats 1ラジオを聴くことができる「Beats 1を再生」、Apple Music内で楽曲を検索する「検索」をそれぞれ起動することができ、3段目には最近聞いた楽曲が表示される。

ミュージックのクイックアクション

電話

 電話アプリでは、連絡先を新しく登録する「新規連絡先を作成」を起動できる。また、よく電話する相手を連絡先アプリまたは電話アプリから登録しておくと、クイックアクションから素早く電話することも可能だ。詳しくは「iPhone 6sの3D Touchでホーム画面から好きな相手に素早く電話する方法」をチェックしてほしい。

電話のクイックアクション

Spark

 スワイプ操作でスムーズにメールを管理できるSparkでは、アプリ内のカレンダーを起動する「View Calendar」、ファイルが添付されているメールのみを一覧表示する「Attachments」、目的のメールを検索する「Smart Search」、メールを新規作成する「New Email」を起動できる。

Sparkのクイックアクション

■関連サイト
アップル

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中