このページの本文へ

アップル スペシャルイベントを有識者はこう見る ― 第4回

新型iPhone、iPad Pro、iPad mini 4について知る

「3D TouchでスマホのUIがまた一段階進化するかも」――荻窪圭氏

2015年09月11日 12時00分更新

文● 荻窪圭 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プレスでクイックショートカットを呼び出す3D Touch

 日本時間9月10日、アップルのスペシャルイベントが開催された。今回の発表に関して、Macとデジタルカメラに詳しいフリーライターの荻窪圭氏にコメントをいただいたのでご紹介する。

新しい操作「3D Touch」に期待

荻窪圭氏

 久々に盛り上がる新製品発表でしたな。

 今回もまたリーク情報が流れてて、答え合わせ的側面もあったのだけど、大事なのはスペックではなく、それをどう使い、どういう新しい体験をもたらしてくれるか。アップル製品に期待するのは、奇抜なデザインや世界初系機能じゃなくてそこなのだ。リーク情報が溢れてたって、実際に使って見せて、「ああ、これは素晴らしい」と思わせてくれれば盛り上がるのである。

 今回はまさにそんな発表会だった。

 盛りだくさんだったけど、特に「これは使いたい!」と思わせてくれたのはiPhone 6s/iPhone 6s Plusに搭載された3D Touch。「長押し」とどう違うの? って声があるかもしれないけど、違うのだ。Apple Watchを使ってると想像できる。長押しは反応に時間がかかるし、間違って長押し扱いになってとまどうこともあるけど、3D Touchは意識的に強く押したときだけブルッと震えてすぐ反応するから分かりやすい。

 iPhone 6s/iPhone 6s Plusでは押す強さを2段階に設定していて、Peek-Popと呼んでいる。この呼称が日本でも定着するかは別として(強押しと全力押しとか、そんな言い方されそうな予感)、最近、アプリが増えて機能も増えて、操作がまだるっこしくなってたとこだったので、それをすっきりさせてくれるんじゃないかと期待してる。

 もちろんカメラ機能も気になるし、Wii的なApple TVも出たし、iPad Proも予想以上に攻めてたし、Surfaceを出してるマイクロソフトや、Adobe Ink & Slide(iPad用のスタイラス)を出してるAdobeがiPad Proのデモをするという面白さもあったけれども、個人的には、最近Siri推しでユーザーにしゃべらせようとしてたアップルが、しゃべらなくてすむUIもちゃんと進化させてくれたのがうれしいのだ。

 ただ、敵は円安。iPhone 6s Plusの128GBが12万円越えである。高くなった。いや、米国でのドル建て価格では前モデルと変わってない。円安のせいでレートが見直され、日本での価格が上がったのだ。大変つらいところである。でも買うなら、仕事がら光学式手ブレ補正が入ったPlus一択であり、写真やビデオを撮り出すと128GBじゃないとおっつかないのだ。ああつらい。


荻窪 圭(おぎくぼ けい)

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログはhttp://ogikubokei.blogspot.com/


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】ほんとにあった真夏の心霊トーーーク

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください