このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第103回

技術と設計のプロが作ったオーディオブランド「Olasonic」

PCスピーカーに“革命”起こした、元ソニーのピュアオーディオ屋

2012年10月13日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オーディオブランド「Olasonic」に小型の新型スピーカー
USBバスパワーでも10W+10Wの大音量が味わえる

 日本のオーディオブランド「Olasonic」が、新しいPC用スピーカー「TW-S5」を発表した。USBポートにつなぐだけで音が鳴る、お値段8800円の小さくてお手頃なスピーカーだ。しかし、だからといってなめてはイカンのである。

 Olasonicと言えば2010年4月発売の「TW-S7」が、ネットを中心に口コミで評判となった。曰く「安くて、小さくて、音がものすごくいい」と。TW-S5は、そのヒット作に続いて開発されたもの。スピーカーの口径を6cmから5センチに落とし、エンクロージャーの容積を半分にして、設置性に加えて携帯性も持たせた。それ以外はほぼ同じ内容。

小さい方が「TW-S5」、大きい方が「TW-S7」。大きさの他に「足」の部分が異なる。TW-S5は台座が固定。TW-S7は底面に沿った形のシリコンゴムが付属し、その上に載せる格好。角度を自由に決められるので、設置自由度は高い

 いずれもUSB接続のDAC(デジタル・アナログ変換器)内蔵パワードスピーカーで、電源はUSBバスパワー。ACアダプターのようなものもいらず、配線すっきり。イヤホン端子につなぐスピーカーと違い、デジタル接続なので信号の劣化やノイズの影響が少ない。

 Olasonicの音がいいと言われる理由は、見た通りの卵型スタイルにある。これはデザイナーの思いつきではなく、音の回折や定在波といった音への悪影響を取り除く、極めて合理的な形なのだ。そして小型スピーカー特有の低音不足は「パッシブラジエーター」で解消。これはメインスピーカーの負圧を受けて共振するもので、最近では小型スピーカーの定石のように使われている。

スピーカーユニットの背面にあるのがパッシブラジエーター。ここから低音がモリモリ出てくる

 ただ、USBバスパワーの消費電力は2.5Wまで。だから、このタイプのスピーカーは、一般的に2W(1W+1W)程度の出力しかない。その限界を超えるために、Olasonicのエンジニアは、キャパシター(コンデンサー)を電源部に入れた。これは瞬間的にチャージして、一気に放電できるバッテリーのようなもので、音の小さなとき電力を蓄え、大きな音が来たら放電する仕組み。それで20W(10W+10W)というパワーを得ている。


「どうせ大した音がするわけが」
するんです、笑っちゃうくらいに

 というように、妙に高い怪しげなケーブルなどと違い、Olasnicの音の良さは話を聞いて納得できるものばかり。とは言え「どうせ1万円しないPC用のスピーカーでしょ。プラスチックでできてるし、そんな大した音がするわけが」とタカをくくっていたのである、私は。

東和電子 代表取締役社長 山本喜則氏。元ソニーのオーディオ系エンジニア

 ところが実際に音を聴いてみたら、驚きを通り越して、ゲラゲラ笑ってしまうほどだった。「小型だけど低音出るよね」みたいなスピーカーはすでにいくつもあるが、音の定位や解像感については一般的なハイファイオーディオ並に優秀だ。逆に、なんでこんな高性能なスピーカーが1万円もしないで買えるのか良くわからない。

 では、新製品が出たこの機会にぜひ、ということで、Olasonicを開発している東和電子の代表取締役社長・山本喜則さんに、Olasonicの設計方針や、ブランドの目指しているところを伺ったのだった。

 東和電子はオーディオ機器などの設計を大手メーカーから請け負う設計会社で、Olasonicはその自社ブランド。社長の山本さんは、元々ソニーでオーディオ機器の設計を手がけていたエンジニアで、4年前に東和電子へ移籍。Olasonicは山本さんが立ち上げたブランドなのである。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART