このページの本文へ

音茶楽の特許「ツイン・イコライズド・エレメント方式」を採用

Olasonicのカナル型イヤホン「TH-F4N」、「音茶楽」とコラボ

2013年08月07日 17時36分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カナル型イヤホン「TH-F4N」。市場推定価格は4万8800円前後

 東和電子は、Olasonicブランドと、イヤホンの研究・開発および販売を手掛ける「音茶楽」がコラボレーションしたカナル型イヤホン「TH-F4N」を発表した。

 音茶楽の特許技術「ツイン・イコライズド・エレメント方式」を採用したカナル型イヤホン。音茶楽から発売された「Flat4-玄」をベースとし、Olasonicがチューニングを行ったコラボレーションモデルだ。10mm径のドライバーエレメント2個を対向配置し、エレメント間をつなぐ位相補正パイプを外耳道の長さに調整することで、カナル型特有の不要な高音のピークを抑えられるとのこと。

閉管共振による高音の不要な付帯音を抑えられる「ツイン・イコライズド・エレメント方式」を採用する

 出力音圧レベルは104dBSPL/mWで、周波数特性は3.5~35kHz。最大入力は400mW。インピーダンスは18Ωとなっている。質量は約18g。コードは1.2mのY型で、プラグ部は3.5mm径金メッキステレオミニプラグ。M、L両サイズのコンプライフォームイヤーチップを同梱する。

 価格はオープンで、市場推定価格は4万8800円前後。10月上旬の発売を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART