このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第1回

一足早く登場した夏スマホ3機種のスペックや外観を徹底比較

2012年07月17日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回からスタートしたスマートフォンの新連載。最新スマートフォンから3機種を選び、全4回で端末のスペックや機能などを徹底的にチェックしていく。

 4回が終了したら、また新しい端末に入れ替わるが、基本的にチェック項目を同じにする予定なので、各機種を比較するのに参考になるのではないかと思う。今回からの4回は5月末~6月上旬に、夏モデルとして、一足先に登場した3機種を取り上げる。

まずは3機種のスペックを詳しくチェックする

 取り上げる機種はNTTドコモ「AQUOS PHONE st SH-07D」au「URBANO PROGRESSO」ウィルコム「DIGNO DUAL WX04K」である。

 まずはスペックを確認してみよう。以下の通りだ。

  ドコモ「AQUOS PHONE st SH-07D」 au「URBANO PROGRESSO」 ウィルコム「DIGNO DUAL WX04K」
メーカー シャープ 京セラ 京セラ
本体サイズ 約54×107×11.9mm 約64×125×10.8mm 約64×130×10.7mm
重量 約108g 約139g 約148g
画面サイズ 3.4型 4型 4型
画面解像度 480×854ドット 480×800ドット 480×800ドット
OS Android 4.0.4 Android 4.0.3 Android 2.3.4
CPU MSM8255 1GHz
(シングルコア)
MSM8655 1.4GHz
(シングルコア)
1.2GHz
(デュアルコア)
ROM/RAM 4GB/1GB 4GB/1GB 2GB/1GB
メモリーカード microSDHC(32GB) microSDHC(32GB) microSDHC(32GB)
下り最大通信速度 14Mbps(HSDPA) 40Mbps(WiMAX) 21Mbps(HSPA+)
無線LAN 2.4GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4GHz対応
テザリング ○(最大5台) ○(最大5台) ×
カメラ画素数 800万画素CMOS 808万画素CMOS
(裏面照射型)
500万画素CMOS
インカメラ × 32万画素CMOS 30万画素CMOS
防水/防塵 ○/○ ○/○ ○/×
ワンセグ連続視聴 8時間10分 5時間50分 公称値なし
(実測5時間42分)
FeliCa
赤外線
Bluetooth 3.0+EDR 3.0 2.1+EDR
HDMI × × ×
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 1520mAh 1500mAh 1520mAh
Qi × ×
カラバリ LIME、RED、BLACK Orange、Silver、Pink ホワイト、ピンク、グリーン、ブラック

コンパクトなアクティブユーザー向けスマホ 「AQUOS PHONE st」

 AQUOS PHONE stはXi非対応のFOMAモデルで、画面サイズも3.4型とコンパクトだ。ただし携帯性を考えればかなり有利になりそうだ。スポーツなど、アクティブな用途にピッタリなスマートフォンで、防水・防塵仕様もうれしい。

 また、ワンセグの連続視聴時間は8時間を超え、他のスペックと比べても目をひく。本体サイズは小さいものの、バッテリー容量は1520mAhと比較的大きく、Xi非対応なこともあって、スタミナは心配なさそうだ。さらにワイヤレス充電の「Qi」にも対応している。


シングルコアながらWiMAXに対応する
「URBANO PROGRESSO」

 URBANO PROGRESSOはCPUがシングルコアで、内蔵メモリも4GBとハイスペックではないが、WiMAX対応で高速データ通信が利用できるうえに、テザリングを利用してもパケット料金は同じなのが大きな魅力。カメラにも裏面照射型CMOSセンサーを採用している。AQUOS PHONE stと同じく「防水・防塵」「ワンセグ」「おサイフケータイ」「赤外線通信」と国内ユーザー向け機能に広く対応する。


デュアルコアCPUを搭載して
PHSの通話と高速3G通信の両方が使える「DIGNO DUAL」

 全体的に見て、3機種とも夏モデルのフラッグシップモデルよりもスペック的にやや劣るが、その中でも、最も高性能な機種を選ぶとしたらDIGNO DUALになるだろう。

 デュアルコアCPUと、実測値に定評があるソフトバンクの1.5GHz帯を利用したULTRA SPEEDは魅力的だ。ただし、より高速なCPUを搭載するモデルも増えており、ソフトバンクからも下り最大42Mbpsの機種が出ている。また、ソフトバンクのスマートフォンと同じくテザリングに対応していない点は、他の2機種に劣る。内蔵メモリのROMが2GBと小さく、これから長く使っていきたい人には容量も課題である。

 OSのバージョンは時期未定でバージョンアップが予定されているものの、Android 2.3とやや古い。おサイフケータイに対応していないのもマイナス評価かもしれない。


前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART