このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第209回

3キャリアの主力販売モデル「Xperia XZ2」「Galaxy S9」「Mate 10 Pro」を比較

2018年07月17日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏モデルのハイスペックモデルのなかでも、販売面で各キャリアの主力となりそうな機種、Xperia XZ2、Galaxy S9、HUAWEI Mate 10 Proの3台を4回に渡って比較する。今回はまずスペック、料金、外観から。

Xperia XZ2Galaxy S9HUAWEI Mate 10 Pro

メインストリームの機種も、縦長+5.7型以上に

 各社の夏スマホが続々発売されているが、今回は人気どころとなりそうな機種を取り上げる。いずれもハイエンド級の性能を誇る、ドコモ「Xperia XZ2 SO-03K」、au「Galaxy S9 SCV38」、ソフトバンク「HUAWEI Mate 10 Pro」の3機種だ。まずは各機種の簡単な紹介から。

●ドコモ「Xperia XZ2 SO-03K」
 前機種のXperia XZ1からはデザインを一新。18:9の縦長ディスプレーになり大画面でもスリムなのが特長。世界初の4K HDR動画の撮影を実現。秒960コマのスローモーション撮影もさらに進化した。ソニー独自のサウンド解析技術で、ゲームプレイ中などサウンドに合わせて端末が振動するという、バイブレーションシステムも興味深い。Xperia XZ1自体はドコモ/au/ソフトバンクの3キャリアから発売される。

●au「Galaxy S9 SCV38」
 独自のアバターやAR絵文字を作成できるほか、瞬時にピントが合うカメラが特長で、シーンに応じたF値の自動調整が独自機能。Xperia XZ2と同じく秒960コマのスローモーション撮影が可能で、約0.2秒の動画を約6秒かけて再生することもできる。AKGやドルビーの技術による音楽再生も魅力。上位モデルのGalaxy S9+と比べると、カメラがシングルになっているなどの差はあるが、18.5:9の5.8型有機ELで横幅約69mmという、コンパクトさも実は魅力。Galaxy S9+も含めて、ドコモとauからの発売。

●ソフトバンク「HUAWEI Mate 10 Pro」
 昨年末にSIMフリースマホとして発売されたファーウェイ製端末が、ソフトバンク夏モデルで登場。AIの処理に特化したプロセッサを搭載している点をアピールし、そのAI性能により、端末のレスポンスを向上するほか、カメラでは、被写体を自動認識し、最適な設定で撮影してくれるという機能も搭載している。18:9の6型ディスプレーは有機ELパネルを採用し、70000:1の高コントラストを実現するという。

 そのほか、主なスペックは以下のとおりだ。

  ドコモ「Xperia XZ2
SO-03K」
au「Galaxy S9
SCV38」
ソフトバンク
「HUAWEI Mate 10 Pro」
メーカー ソニーモバイル サムスン電子 ファーウェイ
本体サイズ 約72×153
×11.1mm
約69×148
×8.5mm
約75×154
×7.9mm
重量 約198g 約161g 約178g
画面サイズ 5.7型 5.8型 6型
画面解像度 1080×2160ドット 1440×2640ドット 1080×2160ドット
OS Android 8.0 Android 8.0 Android 8.0
CPU 2.8GHz+1.8GHz
(8コア)
2.8GHz+1.7GHz
(8コア)
2.36GHz+1.8GHz
(8コア)
ROM/RAM 64GB/4GB 64GB/4GB 128GB/6GB
メモリーカード microSDXC
(400GB)
microSDXC
(400GB)
×
国内4G対応バンド 1/3/19
/21/28/42
1/3/18/26
/28/41/42
1/3/8/18
/19/26/28/41
キャリアアグリゲーション
VoLTE
連続通話時間 1300分(LTE) 1710分(LTE) 950分(LTE)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 1920万画素 1220万画素 1200万+2000万
インカメラ 500万画素 800万画素 800万画素
防水/防塵 IPX58/IP6X IPX58/IP6X IPX57/IP6X
ワンセグ 11時間50分 13時間30分 ×
フルセグ 10時間10分 11時間 ×
おサイフケータイ ×
NFC
Bluetooth 5.0 5.0 4.2
MHL(HDMI) × × ×
キャスト ×
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 3060mAh 3000mAh 4000mAh
Qi ×
生体認証 指紋 指紋、顔、虹彩 指紋、顔
USB端子 Type-C Type-C Type-C
カラバリ Deep Green、Liquid Black、Liquid Silver、Ash Pink ライラック パープル、チタニウム グレー、ミッドナイト ブラック ミッドナイトブルー、チタニウムグレー

 3機種とも縦長画面を採用し、ディスプレーサイズは大きくなりつつもサイズは抑えられている。特にGalaxy S9は幅69mmで161gと3機種のなかでもひときわコンパクトかつ軽量だ。また画面解像度も高い。

 OSはいずれもAndroid 8.0。CPUもクロック数は若干違うがオクタコア。ただしXperiaとGalaxyは今夏モデルのハイエンド機らしく、現状最速クラスのSnapdragon 845なのに対し、HUAWEI Mate 10 Proはファーウェイ独自の「HUAWEI Kirin 970」を採用している。ストレージを見るとHUAWEI Mate 10 Proが128GBと大きいが、microSDの追加には非対応。

 国内4Gの対応周波数帯では、元々はSIMフリー機のHUAWEI Mate 10 Proが幅広い。カメラについては画素数だけを見ると驚きはないが、必ずしも注力ポイントはそこではないだろう。なお、3機種とも防水・防塵仕様となっている。ただし、HUAWEI Mate 10 Proはおサイフケータイやワンセグには対応しない。

 3機種ともハイエンド機らしいスペックだが、HUAWEI Mate 10 Proは国内向け機能は弱い。Xperia XZ2とGalaxy S9はほぼ同等だが、後者のコンパクトさ、軽さに魅力を感じる人は多いだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン