このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第203回

Galaxy、isai V30+、Xperia、ハイエンドスマホのカメラをチェック

2018年03月05日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 主要キャリアで販売されている、世界的も著名なハイエンドスマホ「Galaxy Note8」「isai V30+」「Xperia XZ1」を比較中。今回はカメラをチェック。サクサクとキレイに撮れる1台はどれだろうか。

Galaxy Note8isai V30+Xperia XZ1

ここまでソフトバンクのXperia XZ1が2連勝で有利な展開

 主要3キャリアからハイスペックスマホを取り上げて比較している本連載。ドコモ「Galaxy Note8 SC-01K」、au「isai V30+ LGV35」、ソフトバンク「Xperia XZ1」を使用しているが、2年間の料金比較ではソフトバンクならではの部分もあったのと、スピードチェックでも実際に操作したテストで有利、ということでXperia XZ1が2連勝という展開になっている。

 個別のテストや比較では他の2機種も良い結果を出しており、ベンチマークをはじめ接戦になることも。筆者の抱いている印象ではまだまだ逆転の余地ありだ。今回はカメラチェックなのでまずはカメラ部分の簡単なスペックの比較から。

  Galaxy Note8 isai V30+ Xperia XZ1
アウトカメラ画素数 1220万画素×2 1650万画素
+1310万画素
1920万画素
アウトカメラF値 1.7 1.6 2
インカメラ画素数 800万画素 510万画素 1320万画素
インカメラF値 1.7 2.2 2
動画と静止画の同時撮影
動画最大サイズ 4K 4K 4K
シーン設定の有無 × ×
露出補正
ホワイトバランス調整

 最近のハイエンドスマホではデュアルカメラが主流になりつつあるが、Galaxy Note8とisai V30+が搭載。Xperia XZ1はシングルだがアウトカメラ/インカメラともに画素数自体は上。またF値を見てもどんどん明るいレンズになっていることがわかる。Galaxy Note8はアウト/インどちらもF値1.7だ。

 isai V30+はインカメラの画素数が低く、F値も2.2と3機種では若干見劣りするが、実際の写真ではわからない。なお、マニュアル撮影にGraphyというモードがあり、これはシーン設定と考えて表に〇をした。最近はシーン設定が自動になり手動設定は省かれている機種が多いので貴重だ。あとは実際に撮影して比較。まずは撮影のスピードをチェックしていく。

カメラの起動時間ではXperia XZ1がリード

 カメラの起動時間チェックはロック画面とホーム画面で実行する。それぞれアイコンに触れたところから、カメラが起動→撮影画面が表示されるまで(画面内のアイコン全表示&明るさが安定したところまで)の時間を計測した。

 なお、テストは片手操作で各機種3回ずつ、その様子を録画。撮影した動画を見ながら時間を割り出している。

  Galaxy Note8 isai V30+ Xperia XZ1
カメラ起動速度 1秒20~1秒34
(ロック画面)
1秒47~1秒74
(ロック画面)
0秒97~1秒14
(ロック画面)
0秒86~0秒93
(ホーム画面)
0秒87~0秒97
(ホーム画面)
0秒73~1秒14
(ホーム画面)

 ロック画面からの起動では、カメラアイコンが隅にあるため、本体のサイズに影響を受けやすい。スムーズに起動できたのはXperia XZ1で、これは一回りコンパクトな端末ゆえ片手操作がしやすいのも勝因だ。

 逆にGalaxy Note8は左端にカメラアイコンがあるので右利きの筆者では、指が届きにくくサッとタッチすることができない。一応Galaxy Note8には片手で起動しやすい「電源ボタン2回押し」のカメラ起動もあり、こちらは体感的に速く感じるものの、実際の計測タイムは1秒40ほど。“2回”押しと、画面の明るさの安定までに時間がかかってしまう傾向だ。

 ロック画面からのカメラ起動がもっとも遅いisai V30+は、カメラのアイコンに触れた際、素早くスワイプするとカメラの起動ではなく、ロック画面の解除(ホーム画面が開く)になりやすい。そこで慎重にゆっくりとカメラアイコンを押し込むようにスワイプするのだが、それでは時間がかかってしまった。

撮影間隔をチェックしてもXperia XZ1が一番!

 次にシャッターボタンを連打してサクサク撮れる機種を決める。連写や特別な設定ではなく、初期設定(オート)をそのまま使用し、シャッターボタンを何度も押して、その撮影間隔を計測した。

 これも片手で操作し、各機種3回テスト。起動時間のチェックと同じくテストの様子を録画し確認している。なお、実際にシャッターを切った瞬間を判断するのは難しいため、シャッターを切った際のアニメーションで撮影間隔を判断している。

  Galaxy Note8 isai V30+ Xperia XZ1
カメラ撮影間隔 0秒67~0秒80 0秒93~0秒94 0秒30~0秒33

 こちらもXperia XZ1の圧勝だ。体感的にも同様でシャッターボタンをタップするのと、シャッターを切るタイムラグがなく、気持ちがいい。ただしそれはずっと続くのではなく、わずか数枚で、実際はこのあと突然撮影間隔が長くなる、シャッターのアニメーションやシャッターを切る音が遅れるといったことも。安定して速ければなお良かったのだが。

 Galaxy Note8とisai V30+は予想よりも遅い。1枚1枚を撮っているとこれほどの差があるとは思わなかったのだが、連続でタップしていると時間がかかるようだ。得意な被写体、微妙な距離の違いといった原因もあるのかもしれない。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン