このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第210回

3キャリアの主力モデル「Xperia XZ2」「Galaxy S9」「Mate 10 Pro」の速度対決

2018年07月30日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3キャリアの夏スマホのなかでも主力となりそうな「Xperia XZ2」「Galaxy S9」「HUAWEI Mate 10 Pro」を比較しているスマホ定点観測。スペック的には3機種ともハイスペックで横並びになりそうだが、スピード勝負をしてみると意外な差に!?

Xperia XZ2Galaxy S9HUAWEI Mate 10 Pro

ドコモのXperia XZ2がとりあえずは先行

 今夏の主力機種であり、性能も非常に高い、ドコモ「Xperia XZ2 SO-03K」、au「Galaxy S9 SOV38」、ソフトバンク「HUAWEI Mate 10 Pro」を比較しているが、初回はデータ容量の少ない料金プランでの割引が決め手になり、まずはドコモのXperia XZ2をリードと判断した。

 今回はベンチマークアプリや文字入力、通信速度といった実際にスマホを操作してのテストとなる。3機種ともハイエンド機なので、高いレベルでの争いとなりそうだ。まずはそんな3機種のスペックのおさらい。

  ドコモ「Xperia XZ2
SO-03K」
au「Galaxy S9
SCV38」
ソフトバンク
「HUAWEI Mate 10 Pro」
メーカー ソニーモバイル サムスン電子 ファーウェイ
本体サイズ 約72×153
×11.1mm
約69×148
×8.5mm
約75×154
×7.9mm
重量 約198g 約161g 約178g
画面サイズ 5.7型 5.8型 6型
画面解像度 1080×2160ドット 1440×2640ドット 1080×2160ドット
OS Android 8.0 Android 8.0 Android 8.0
CPU 2.8GHz+1.8GHz
(8コア)
2.8GHz+1.7GHz
(8コア)
2.36GHz+1.8GHz
(8コア)
ROM/RAM 64GB/4GB 64GB/4GB 128GB/6GB
メモリーカード microSDXC
(400GB)
microSDXC
(400GB)
×
国内4G対応バンド 1/3/19
/21/28/42
1/3/18/26
/28/41/42
1/3/8/18
/19/26/28/41
キャリアアグリゲーション
VoLTE
連続通話時間 1300分(LTE) 1710分(LTE) 950分(LTE)
無線LAN IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
IEEE802.11ac
(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 1920万画素 1220万画素 1200万+2000万
インカメラ 500万画素 800万画素 800万画素
防水/防塵 IPX58/IP6X IPX58/IP6X IPX57/IP6X
ワンセグ 11時間50分 13時間30分 ×
フルセグ 10時間10分 11時間 ×
おサイフケータイ ×
NFC
Bluetooth 5.0 5.0 4.2
MHL(HDMI) × × ×
キャスト ×
SIM形状 nanoSIM nanoSIM nanoSIM
バッテリー容量 3060mAh 3000mAh 4000mAh
Qi ×
生体認証 指紋 指紋、顔、虹彩 指紋、顔
USB端子 Type-C Type-C Type-C
カラバリ Deep Green、Liquid Black、Liquid Silver、Ash Pink ライラック パープル、チタニウム グレー、ミッドナイト ブラック ミッドナイトブルー、チタニウムグレー

 差がつきそうなのは本体サイズ。スクロールや文字入力のテストは片手操作が基本となるので、一回りコンパクトなGalaxy S9が有利に感じる。

 CPUやメモリーでは、現行最上級のSnapdragon 845に、メインメモリー4GBなのがXperia XZ2とGalaxy S9。一方、独自プロセッサであるKirin 970+6GBメモリーのHUAWEI Mate 10 Proでは違いが出そうだ。

 通信速度は、スペック上ではドコモのXperia XZ2が下り最大988Mbps(上り75Mbps)、auのGalaxy S9は下り最大958Mbps(上り75Mbps)、HUAWEI Mate 10 Proは下り最大400Mbps(上り37.5Mbps)となっているが、これはあくまで一部エリアとなる。利用客の多い主要駅周辺で使うと実際の速度はどうなるだろうか。

 それではまずベンチマークアプリで比較する。

ベンチマークアプリはSnapdragon 845搭載の2機種が優勢

 比較に使うのはベンチマークアプリの「AnTuTu 7」と「3DMark」。各機種で3回ずつ計測し、トータルスコアをはじめ各スコアの最高値を掲載した。

 まずはAnTuTuのスコアだが、Snapdrgaon 845搭載機の2台がやはり優勢で26万点台を叩き出している。トータルのスコアではほんのわずかにXperia XZ2のリードとなっている。HUAWEI Mate 10 Proは21万点台。GPUがやや弱めで、MEMで2台を上回っている。

Antutu(最高値) Xperia XZ2 Galaxy S9 HUAWEI Mate 10 Pro
トータル 262209 261207 210563
CPU 91456 87676 70147
GPU 106334 106868 81773
UX 55428 58087 44710
MEM 8991 9005 13933
Xperia XZ2Galaxy S9HUAWEI Mate 10 Pro

 続いて3DMarkのスコアを見ると、やはりSnapdragon 845の2機種がほぼ同じスコアでXperia XZ2がわずかに上。AntutuでもGPUにやや弱みを見せたHUAWEI Mate 10 Proがここでもやや離された結果となっている。

3DMark(最高値) Xperia XZ2 Galaxy S9 HUAWEI Mate 10 Pro
トータルスコア 4609 4600 2907
グラフィックス 5128 5126 2992
フィジックス 3425 3385 2801
Xperia XZ2Galaxy S9HUAWEI Mate 10 Pro

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン