このページの本文へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第58回

~師範、日本語Remixの作り方を教えてください!~

2012年07月12日 12時00分更新

文● 水野 源(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ubuntu-defaults-builderのしくみ

さかもっちー:ふと思ったぐにゅう。ubuntu-defaults-builderの登場は11.10からだから、それ以前に存在したRemixは、どれも手作業で作られていたぐにゅう?

小林:そういうことになりますね。

さかもっちー:じゃあ、うぶんちゅ! 第05話に出てきたRemixは、会長の手作りぐにゅう?

あわしろいくや:(ガタッ)

瀬尾浩史:もちろんペン! お弁当や手編みのセーターはもう古いペン。女子高生もRemixを手作りする時代ペン!

やまね:だから、その手作りの時代はもう終わったって話なのでは。

瀬尾浩史:orz

編集S:それでは、新しいRemixの具体的な作り方を説明するのだ。

ミズノ:そのものズバリ、ubuntu-defaults-builderというパッケージがあります。まずはこれをインストールですね。

あわしろいくや:それでインストールされる、ubuntu-defaults-imageというコマンドが、ISOをビルドするためのコマンドですな。

小林:そうですね。オプションにテンプレートとなるパッケージを指定してあげれば、テンプレートの内容どおりのISOが構築されます。日本語Remixでは、テンプレートに ubuntu-defaults-ja というパッケージを使っています。

さかもっちー:これはJapanese Teamのリポジトリに置いてあるぐにゅう。

編集S:このパッケージをインストールすればいい?

ミズノ:いいえ。このパッケージはRemix環境にインストールされるものではあるんですが、ISOのビルド時には「Debファイルとして」ダウンロードしておいて、コマンドに渡す必要があります。

Ubuntu 12.04 日本語Remixを手元のPCでビルドする例

$ ubuntu-defaults-image --components main,restricted,universe,multiverse --package ubuntu-defaults-ja_12.04-0ubuntu1~ja4_all.deb

hito:このようにコマンドを実行すると、最終的に binary-hybrid.iso というISOファイルができあがります。これをCD-Rに焼けば、そのままRemix CDとして動きます。

小林:USBメモリーに書き込んでも動かせますね。

あわしろいくや:ISOのビルドにはそれなりの時間とHDDの空き容量が必要なので、そこだけ注意ですな。

さかもっちー:どのくらいの容量が必要ぐにゅう?

ミズノ:どのようなカスタマイズをするかにもよりますが、10GBくらい見ておけば余裕じゃないかなあ?

瀬尾浩史:ビルドが簡単なのはわかったペン。となるとRemixのキモはテンプレートペン?

小林:はい。Remixを作る作業というのはつまり、テンプレートになるDebパッケージを作る作業ということになります。

瀬尾浩史:難しそうペン!

あわしろいくや:ちゃんと作ろうとすると、Debianパッケージの知識も必要になりますからなあ。

ミズノ:まーぶっちゃけると、このへんの仕組みはここに書いてあったりするんですが。

やまね:それはG社のサイトっ!

編集S:くやしいっ。でもいつもお世話になっているのだ。


この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART