このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第52回

~師範、Ubuntuは今後どうなるんですか?~

2012年01月13日 12時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
清く正しい(?)チームリーダー 小林準
日本語入力とラノベは俺に任せろ あわしろいくや
サーバーと交渉ごとに暗躍する hito
Ubuntuもいいけど、でびあんもね! やまねひでき
GUIなんて飾りと言い切るEmacsist ミズノ(水野源)
マンガ『うぶんちゅ!』作者&挿絵担当 瀬尾浩史
Ubuntu Studioの使徒、さかもっちー。口癖は「ぐにゅぅぅぅ」。特技は走ること

編集I:みなさま、明けましておめでとうございます。新年1回目のUbuntu道場のお時間です。

編集S:52回目でーす。ちなみに収録日は年末年始なので、なんかまったり。

ミズノ:除夜の鐘によって108の断片に分割されて封印されていくストレージゴッド様に思いをはせつつ……。

あわしろいくや:あーれー。

hito:封印されるんだ……。

さかもっちー:でも新年になって七草がゆで復活するストレージゴッド様とかそういう年中行事ですね。

あわしろいくや:ふっかーつ!

瀬尾浩史:いくやさん、どういう生態なのぺン……。

編集S:むしろそんなことをさらっと思いついたこの人たちと、アドリブで応じてくれるいくやさんのサービス精神がこわい……。でもまったりなのでハリセンは封印なのだ。

ミズノ:あれ、ソフト路線。

編集S:ソフト路線とはなんだソフト路線とは。

ミズノ:いつもだったら「52回目だ。話しかけられたとき以外は口を開くな。なにか喋るときは前と後にサーと言え」とかそういうノリでぺぐぅ(殴打音とともに省略されました)。

やまね:ぬぅ、これがハリセンはじめ、というやつか……。

編集I:(ヾノ・∀・`)ナイナイ

小林:編集Sさんの虚像が広がっていく……。

瀬尾浩史:セオペンの虚像もそろそろなんとかしてほしいぺン。

やまね:あれ、スルーしてたけどセオペン先生が生きている。

瀬尾浩史:進行係はやるけど、燃えた……萌えたぺン……。真っ白にぺン……。

あわしろいくや:コミケ後だからセオペン先生は死にかけですな。

ミズノ:セオペン先生は生きている……我々の心の中に……。

瀬尾浩史:って、死んでませんから!(素)

hito:ということで今回のネタを。

編集S:前回ラストの無茶振りに応えて、「今後のUbuntuってどうなるの」というご要望を何件かいただきました。ご意見をお寄せいただいた方々、ありがとうございました。

編集I:軍曹がマトモです……(∩´∀`)∩

瀬尾浩史:いや、対外的にまで軍曹キャラで生きてたら漢すぎるぺン……。

さかもっちー:漢の娘とかそんなかんじです?

編集S:貴様ら……。と切れてハリセンを振り回しても仕方ないので、話を進めるのだ。

ミズノ:今後のUbuntuって……12.04どうなるのっていうだけの話じゃないですよね。

編集I:「今後」どうなるか、ですね。2015年ぐらいまでの何となくの見通しがわかるといいんじゃないかと。

hito:2015年……4年後。鬼が笑って大爆笑して呼吸困難になるぐらい先の話ですね。

小林:半導体の進歩から考えると、未来を予測するのは難しそうですねぇ。

やまね:今から4年ぐらい前って2008年ぐらいかあ。

あわしろいくや:Core 2 Duo E8500が発売された頃ですな。Windows 7はまだ発売されてません。

ミズノ:古い……。

hito:逆に今から4年先とかになるともう……。メモリー容量だけでもえらいことになってそうです。

小林:4年前が2GBx4=8GBが一般的な最大容量で、今だと8GBx4=32GBという感じですね。そこから2~4倍されると考えると……。

編集S:64GBメモリーぐらいは普通になってる、と。

hito:いろいろな周辺要素もあるので、直線的に予測できるものでもないですけど-。

瀬尾浩史:2015年ぐらいのコンピューティングを予想しつつ、Ubuntuどうなってるのかみたいな予測をするぺン?

編集S:おお、新年特別企画っぽい。

hito:特別企画って……。

やまね:某社さんの記事だと「特別企画」=ネタ、という連想が働くわけですね。

ミズノ:仰向けになったり、飛び出す画像を作ってみたり、日本未発売のARMデバイス持ってきてみたり……。

hito:それ半分以上小林さんのせいじゃ……。

小林:ほめられると照れますね。

編集S:ええい、他社ネタやめい! と思いつつ、某社さんにはUbuntu Magazine発売記事を載せていただいているのでそれぐらいなら許すのだ。

あわしろいくや:まあ、そんな感じでゆるゆると進めるわけですな。


前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン