このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第16回

お腹痛い… iPhoneで一番近くにあるトイレを探す方法は?

2012年04月02日 12時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(編集担当:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく本連載。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

「中華料理」「カフェ」「トイレ」でマップを検索!

 iPhoneで一番使われている標準アプリは「マップ」だろう。目的地までの道を調べるだけではなく、自分の現在地や、進んでいる方角も示してくれるナビ機能が便利。「マップ」のおかげで道に迷わなくなったという人も多いのでは?

 しかし、この「マップ」に検索機能があることを知らない人は意外と多い。使い方はいたってシンプルで、住所などを入力する欄に、検索したいワードを入力して「検索」をタップするだけ。たとえば「中華料理」と入力すれば、今いる場所の周りの中華料理屋を検索し、マップ上の該当する位置にピンが打たれる。それをタップすれば、住所や電話番号などもチェックできる。

 コンビニや喫茶店を探すのにも便利だが、覚えておきたいのは「トイレ」を検索できること。街中で突然の腹痛に襲われたとき、「マップ」で検索することで難を逃れることが可能、というわけだ。

今夜は中華料理が食べたい……そう思ったとき、『マップ』が役に立つ。中華料理関連ということで、ラーメン屋なども表示してくれる。初めて訪れる町で土地勘がなくても、iPhoneがあれば大丈夫
新宿で突然トイレに行きたくなったという場合も、「トイレ」で検索すればこの通り、ちなみに、『マップ』は郵便番号だけでも検索できる

カフェが検索できるアプリもおすすめ

 また、打ち合わせでファミレスやカフェをよく使うという人は、専用のアプリを入れることを検討してもいいだろう。もちろん「マップ」でも調べることはできるが、特定のチェーンを利用することが多かったり、営業時間や喫煙席の有無などもチェックしておきたい……となってくれば、細かく検索できるアプリがやはり便利。

 マップに表示されるピンがカフェのロゴマークになっているので視認性もよく、チェーン店ごとに検索の細かい切り替えができる 「カフェマップ」などがオススメだ。

カフェマップ App
価格85円 作者Digital Advantage Corp.
バージョン2.7 ファイル容量1.4 MB
カテゴリーナビゲーション ユーザーの評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

このテクを使っている覆面:ニッシーさん

 iPhoneでよく使う「マップ」だからこそ、このテクニックを知らないのはもったいない。キャバクラの女の子にマップを見せて「キミ、この店も地図に出てくるの知ってる?」と教えてあげたら、「えーうっそー知らなかったーさすがニッシーさんすっごーい♡」とモテて困ったよ。さあ、キャバクラに行こう。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中