このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ ― 第219回

iOS 8なら、カギカッコや日付・時刻の入力がとにかくラク

2014年10月10日 11時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、iPhoneのちょっとした使いこなしテクを毎回紹介していく。iPhone上級者なら「なにを今さら…」と思うかもしれないが、案外知らなかったり、使っていなかったりするネタもあるかもしれないぞ。

 iOS 8ではさまざまな新機能が話題になっているが、今回は文字入力について。文字入力といえば、iOS向けにATOKがリリースされたことが話題だが(関連記事)、実は標準のキーボードによる日本語入力も大きく進化している。

 今回は一気に4つのテクニック、「カギカッコをすぐに入力する」「郵便番号を入れて住所を入力する」「数字を入力して時間や日付を入力する」「今日・明日や来年・去年などを候補に表示する」、これらをまとめて紹介しよう。

「」(カギカッコ)をすぐに入力する

 日本語入力において、カギカッコは使う頻度の多い記号のひとつ。iOS 8からは、「や」を左右にフリックすると入力できるようになっている。

フリック入力の際に、「や」を左右にフリックするとカギカッコが入力できる。「(」や「【」なども変換候補に表示されるので、カッコを入力したいならこれは便利

郵便番号を入れて住所を入力する

 郵便番号の7桁を入力すると、変換候補に住所が表示される。また、そこに会社などがある場合、その名称が表示されることもある。なおハイフンは入れる必要はない。たとえば「102-8584」なら、「1028584」と7桁入力すればよい。

郵便番号7桁を入力すれば住所が表示される。そこに会社やホテルなどがあった場合、その建物の名称が表示されることも

数字を入力して時間や日付を入力する

 数字4桁を入力すると、時間や日付が候補に出るのもポイントだ。どういうことかというと、たとえば「1030」と入力すると、候補に「10:30」「10時30分」「10/30」「10月30日」が出てくるというわけ。

 「108」と入力すると、「1:08」「1時08分」「10/8」「10月8日」と表示される。「1540」ならば、「15:40」「15時40分」は表示されるが、日付は表示されない。

「1030」と入力すると、候補に「10:30」「10時30分」「10/30」「10月30日」が出てくる「1540」は該当する日付がないので、「15:40」「15時40分」と時刻だけが候補に表示される

今日・明日や、来年・去年などを候補に表示する

 あわせて覚えておきたいのが、「きょう」「あした」「あさって」「きのう」「おととい」と入力すれば候補に日付が、「こんげつ」「らいげつ」「さらいげつ」「せんげつ」「せんせんげつ」と入力すれば候補に該当する月名が、「ことし」「らいねん」「さらいねん」「きょねん」「おととし」「さきおととし」と入力すれば候補に該当する年が出ることだ。

10月3日に「きょう」と入力すると、「2014/10/3」とも「10月3日(金)」とも表示される「らいねん」と入力すれば、西暦も和暦も候補に表示される

 特に月名は、例えば10月の時点で「らいげつ」と入力すると、「11月」とも、旧暦11月の「霜月」とも出るのはなかなかおもしろい。

10月の時点で「らいげつ」と入力すれば、「11月」も「霜月」も候補に出てくる。日本語入力らしい配慮といえるだろう

このテクを使っている覆面:じまPさん

 iOS 8はサードパーティー製の日本語入力システムが話題となっていますが、標準のキーボードも細かくカスタマイズされています。特に、カギカッコのフリック入力はなかなか使いどころの多いテクニック。ぜひ覚えておきたいですね。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中