このページの本文へ

ソフトバンクもAndroidに本気に! 2011年冬春モデル発表会 ― 第5回

スライド型“スマケー”「AQUOS PHONE THE HYBRID 101SH」

2011年09月29日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 旧来型ケータイのスタイルを取りながらAndroidスマートフォンという“スマケー”第2弾が「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 101SH」。第1弾の「007SH」は折りたたみ型だったが、101SHはスライド式でテンキーを搭載する。閉じた状態ではフルタッチ型端末としても利用でき、本体サイズは53×112×15.5mm(突起部除く)とコンパクトなので、女性の手でも扱いやすいのが特徴的。

 ディスプレーは3.4型NewモバイルASV液晶で、画面解像度は480×854ドット。カメラ機能には約800万画素CMOSセンサーを搭載する。コンパクトなサイズでしかもスライド式という複雑な機構を持ちつつ、防水防塵に対応する。またFeliCa/ワンセグ/赤外線通信といった機能にもフルサポートだ。

カラバリはビビッドピンク/ホワイト/ターコイズ/ネイビーブラックの4色

 気になるテンキーは電話の発着信やカーソルキー、メールキーを搭載するなど、フィーチャーフォンのキー配列がほぼそのままといったイメージ。長い爪の女性に最適化されているということで、キーにしっかりとした盛り上がりがあるのも特徴的だが、逆にキーの小ささもあって、指の腹で押すユーザーには若干打ち間違いが生じやすいようにも感じられた。

キーの盛り上がりが確認できる。キーサイズもあって、男の指にはちと小さめ?

 CPUはクアルコム製Snapdragon MSM8255 1GHzで、バッテリー容量は1020mAh。発売時期は11月中旬以降を予定している。

閉じた状態だと、3.4型液晶のディスプレーサイズもあって、随分と小型に感じる
閉じた状態でタッチ操作で文字入力していて、端末をスライドさせると、そのままの状態でテンキー入力に移行できる
「AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 101SH」の主要スペック
メーカー シャープ
ディスプレー 3.4型NewモバイルASV液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ(暫定値) 約53×122×15.5mm(突起部除く)
重量(暫定値) 約128g
CPU Snapdragon MSM8255 1GHz
OS Android 2.3
1.5GHz帯対応
最大通信速度
(下り/上り)
7.2Mbps/1.4Mbps
カメラ画素数 約800万画素CMOS
バッテリー容量 1020mAh
FeliCa
ワンセグ
赤外線
防水 ○(防塵対応)
カラバリ ビビッドピンク/ターコイズ/ネイビーブラック/ホワイト
発売時期 11月中旬以降

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART