このページの本文へ

ソフトバンクもAndroidに本気に! 2011年冬春モデル発表会 ― 第4回

【フォトレポ】ポップさ満点の「HONEY BEE」スマホ登場

2011年09月29日 17時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 機能的には極めてシンプルながら、カラフルなボディーカラーに、ポップなデザインのテンキーなど、端末からの楽しさや可愛さで、ウィルコムを支えてきた「HONEY BEE」シリーズ。このHONEY BEEのスマホが「HONEY BEE SoftBank 101K」としてソフトバンクから登場した。端末の製造は引き続き京セラが担当する。

カラバリは左からホワイトピンク/ピンク/グリーンイエロー/ブルー/ブラックの5色。色はもちろんデザイン、キーの形状まで見ているだけで楽しくなりそうな端末だ

 デザインやカラバリはHONEY BEEのイメージをそのまま継承。メインターゲットである女子中高生を狙って、一般的なAndroid端末から思い切ったカスタマイズが随所に見られる。

発表会でも女性向けをアピール

 まず本体下部には、Android端末で一般的な「MENU」「ホーム」「戻る」の各キーに加え、「電話」「メール」の単独キーを用意。女子中高生が最も頻繁に使うであろう機能にすぐにアクセスできるようになっている。またワンセグやFeliCaなどは搭載しない一方で、自分撮りや友達と一緒の写真に欠かせないインカメラは200万画素と高性能。またアドレス帳交換に必要な赤外線通信機能は当然用意されている。

Androidの常識にとらわれず、メールと通話については単独のキーを用意する

 ソフトウェア面でも、ホーム画面/メール/電話など各機能のデザインは徹底的にポップで、また着信中はキー部がキラキラ光るなど、HONEY BEEの世界観を演出している。

 とはいえ、スペック的にも決して低いわけではなく、ディスプレーは3.5型液晶で解像度は480×800ドット。CPUはルネサス製「MP5225」で、デュアルコアで1.2GHz動作である。通信速度は下り最大21Mbps。バッテリー容量は1240mAh。発売は12月以降を予定している。

現在の予測ではテーマカラーの「ホワイトピンク」、そして「ピンク」が2大人気色になりそうとのこと

 タッチ&トライ会場でお話をうかがったところ、女子中高生もスマホには強い興味を持っているのだという。一方で、大人やオジさんが持っているのと同じようなものは嫌だ……という感情も強いとのこと。そこで、女子中高生が好む機能やデザインを徹底的に盛り込んだのが今回のコンセプトとなっている。女子中高生のスマホ所有率を高めるヒット商品となるか、注目される1台だ。

本体上部の通知ランプが、ピンク系カラバリはハートマーク、それ以外は星マークになっている
背面のスピーカーも星マーク。バッテリーにもハチの絵柄が。細かなところまで徹底的に世界観を演出している
側面のキー類も普通の形ではない
ソフトウェアについても、もちろんカラフルでポップな路線は貫かれている
カメラ機能自体は標準的だが、インカメラが200万画素というのは例がない。カメラと言えば裏ブタを開けてカメラ部分を見ると、こんな刻印が。遊び心はこんなところにも
女子中高生にピッタリなHONEY BEEですが、男が持ってもいいのでしょうか……結構気に入ったのですが
「HONEY BEE SoftBank 101K」の主要スペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 3.5型液晶
画面解像度 480×800ドット
サイズ(暫定値) 約56×117×13.4mm
重量(暫定値) 約135g
CPU ルネサス MP5225 1.2GHz(デュアルコア)
OS Android 2.3
1,5GHz帯対応
最大通信速度
(下り/上り)
21Mbps/5.7Mbps
カメラ画素数 リア:約500万画素CMOS/イン:約200万画素
バッテリー容量 1240mAh
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線
防水
カラバリ ホワイトピンク/ピンク/グリーンイエロー/ブルー/ブラック
発売時期 12月以降

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART