このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

都庁前iPhoneクラブ ― 第29回

良品発見! iPadスタンド&ケースを試してみた(覆面あり)

2010年06月11日 12時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
思い出はセピア色の彼方に……。って、2010年も後半戦はがんばりますよ!

 iPhoneの情報を交換するため、アスキー・メディアワークス内に独自結成された覆面軍団「都庁前iPhoneクラブ」。

レスラーマスク担当の「カリー」さん。一部にはカレー好きで知られる

 2009年4月の開始以来、行列に並んでiPhone 3GSを買って、直後に落としてガラスを割ったりで使ってみたりと、いきあたりばったり計画的な活動で日本のiPhone業界を(裏から)盛り上げてきた同連載だが、そういえば2010年に入ってから更新が止まっている。iPad、iPhone 4、iOS 4と、世はアップルの新製品ラッシュなのに、奴らは何をやってるんだ!

 ……ぶっちゃけ、軍団員のスケジュール調整がうまくいかず、座談会をするのが面倒になっただけなんですが(オイ!)、一向に記事が投入されない状況を見かねたのか、ASCII.jpのM編集長からレスラーマスク担当・カリーさんに電話がかかってきた!


カリー (あれ、電話だ。非通知って……誰?)もしもーし。

M編集長 どうもMです。

カリー うぉっ! なな、何ですか?

M編集長 あのさー、変態倶楽部どうすんの?

カリー へ、変態!?

M編集長 半年に1回しか更新してないなら、もう連載じゃないよねー。終わらせちゃっていい?

カリー い、いや、まだやりますよ! やりますとも!

M編集長 じゃあ「ブツ」を置いておくから、とりあえずそれを紹介してよ。じゃ!(ブツッ)

カリー ま、待って!


 危ない! 危ないぞ! わずか1分にも満たない会話で人気連載(?)がひとつ飛びかけた! さすが鬼よりもサタンなスーパー編集長っ……。しかも「置いておく」とか言ってたけど何だろう。

 というわけで翌日、出社してみると、カリーさんの机の上にどかっと段ボールが置かれていた。中に入っていたのは、サーマルティクのiPadスタンド「LUXA2 H4」と、リュウドのiPadケース「Bubble Wrapper」というアクセサリーでした。

これが「LUXA2 H4シリーズ LH0006」(型番はLH0006)! サーマルティクの「LUXA2」ブランドの製品だ。実売価格は8000円前後。iPadだけでなくKindleとかも挟める
リュウドのiPadケース「Bubble Wrapper」。iPad専用/Kindle 2専用/Kindle DX専用という3サイズを用意。価格はいずれも480円

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中