このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

都庁前iPhoneクラブ ― 第27回

覆面が振り返る「このiPhoneニュースがスゴかった」

2009年12月21日 13時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回はカニをつつきながら今年のニュースを振り返ってみたぞっ!

 iPhoneの最新情報を交換するために私的に結成された覆面集団「都庁前iPhoneクラブ」。

 今年も残すところあと10日ほど。2009年はiPhoneが世間一般に大きく認知された年で、アップル/サードパーティーを含めて、さまざまなニュースが飛び出しました。

 そこでiPhoneクラブでは、iPhoneニュースを振り返るべく、某カニ料理屋で座談会を開いてみたぞ(要するにiPhone「crab」なのだっ!)。冬といえばやっぱりカニ。プリプリのカニを口いっぱいに頬張って、生きている幸せをかみしめたいじゃないですか。決して忘年会がしたかったワケじゃないので、その辺ヨロシク。

 集まったメンバーは、緑のレスラーマスク「カリー」さんと、3GSに憧れつつもiPhone 3Gを使っている「ニッシー」さん、草食系男子の「くじら」さんという3名。まずは各メンバーごとにトップ3を語った上、最後に2009年一番のニュースを決めた。早速、カニを食べ……いやいや、座談会の様子をお届けしよう!!!


カリーさんのベスト3

3位:iPhone 3GSを落として割った

カリーさん
iPhoneはともかく、カニがおいしかったカリーさん

カリー:最初は俺から。もう「iPhone3GSを落として割った」ってのは、絶対に3位に入れたかった(関連記事)。

ニッシー:いきなり個人ニュース(笑)。まぁそういうのも大事ですけど、メディアとしての視点はどこに。

カリー:買って1週間くらいで落として割ったときのショックといったら、例えようがないです。会社に持っていったとき、部署内が「ざわ……ざわ……」でしたよ。ほかの部署からも見に来ていました。

ニッシー:すべてのiPhoneファンがあの画像に心を痛めたと言っても過言ではないくらい、衝撃的な画像でしたよね。

くじら:あんなに見事に割れるとは思っていませんでしたよ。

割れたiPhoneの写真。iPhoneも壊れるときは壊れるのだと、身を以て体験したカリーさんだった

カリー:ケガの功名か、あの記事は割と読まれたんですよ。

ニッシー:iPhoneユーザーじゃない人も結構読んだんじゃないですかね。アンチiPhoneファンが「ざまぁみろ」と溜飲を下げた。そういう意味でも、iPhoneの間口を広めた記事だったのかも知れませんな。

 ちなみに僕の友達も最近、iPhoneをなくしたんですよ。トイレに置いたまま出てしまって、「はっ」と気が付いて取りに行ったら、誰かに持って行かれたのかなかったという。

くじら:iPhoneって、この中にメールも住所録も入ってるから、使えなくなるとかなり困る。

ニッシー:仕方がないんで、もう1台買おうと勧めておきました。

カリー:鬼(笑)。そのiPhoneってのは「3GS」?

ニッシー:そうです。3GSが出たので乗り換えたという感じです。僕が絶対に覚えた方がいいと勧めたフリック入力に慣れて、ようやく使いこなせるようになってきた矢先だったんですよね。だから本当にかわいそう。今はプリペイドケータイを使っているそうです。

カリー:うわー。それは交換費用がかかりそう。まだ俺は2万2800円台で済んだからよかったんですが、全損だったら32GBモデルは7万7490円かかりますからね。みなさんもiPhoneの取り扱いには注意してください。


2位:Google 音声検索

カリー:2位はiPhoneに話しかけてGoogle検索ができる「Google 音声検索」の日本語対応ですね(関連記事iTunes Storeで見る)。使ってみると分かるんだけど、これは本当に認識率がスゴい。

音声検索は「Google Mobile App」をインストールすることで使える。終電や天気など、さまざまな情報を声で引き出せるのが特徴だ

ニッシー:ああ、風のウワサで聞きましたよ。

カリー:iPhoneクラブのメンバーでありながら、使ったことないんですか!? 今すぐインストールしましょう。

くじら:関西弁でも普通に認識してくれるというのがスゴいですよね。

カリー:もう「iPhoneは最初からこの機能を付けるべきだったんじゃないだろうか?」ってくらいに感じてます。

ニッシー:声で検索できれば、おじいちゃんおばあちゃんも含めて「一家揃ってiPhone」という可能性としてはありますよね。

カリー:それ。「目が悪くてケータイの文字が見えにくいんじゃ ……」という方も、話しかけることで自分の調べたかったことが分かってしまうという。

ニッシー:あれ、でも目が悪かったら検索結果が見られないんじゃないんですか。調べた結果、孫に読んでもらうとか?

カリー:……。まぁともかく、音声認識+Google検索ってのはモバイルですごく威力を発揮するということです。


1位:iPhone 3GSの発売

カリー:1位は「iPhone 3GSの発売」(関連記事)。もうこれしかあり得ない。

6月26日に発売されたiPhone 3GS。もちろんiPhoneクラブでも、いち早く端末をゲットするためにソフトバンク表参道に並んだ

ニッシー:何ですか、その広報マンのような「いい子ちゃん」発言は(笑)。

カリー:いや、3Gから3GSになって、端末の処理速度が早くなっただけで、今までの3G時代に不満だったことのほとんどが解決されたんですよ。「最初からこれを出してくれればよかったのに。何だったんだ」と思うくらい。これは今年1番のニュース。

ニッシー:この3人で唯一、3G持ちの僕は「何だったんだ」世代なんですが。でも、3Gの発売が去年の7月で、3GSが今年の6月だったら、また来年の6月、7月頃には何か新機種が出るかもしれないってことですよね。

カリー:ワォ。「3GSS」みたいな感じかな。でも、俺にとって3Gと3GSにおける体験は、天と地ほどの差があったんだよね。

ニッシー:俺は3Gを1年くらい使ってみて、遅いストレスをなくす方法を思い付きました。

カリー:まさか「使わない」とかそういう話じゃないですよね?

ニッシー:当たり。調べものが遅かったら、途中でやめちゃえばいいんですよ。「どうせiPhone以前は見られなかったんだし」とあきらめるという。それが一番ストレスがたまらないという。

カリー:なんで(笑)。3GSに乗り換えちゃいましょうよ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中