このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

都庁前iPhoneクラブ ― 第11回

衝撃! iPhone 3GSのガラスを割って修理した(覆面あり)

2009年07月05日 12時00分更新

文● カリー/都庁前iPhoneクラブ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「衝撃!」って割った本人が一番ショックですがな。分かりやすいぐらいに派手にヒビが入っております
放心状態のカリーさん

 予約せずに買えたにも関わらず、ソフトバンクショップ表参道に11時間並んでゲットしたiPhone 3GS。「Safariの読み込み速っ」「アプリの起動が快適過ぎる」と充実した「S」の新生活を送っていた「都庁前iPhoneクラブのカリーさんだったが、そんな彼に突然の不幸が訪れた。

 なんと、iPhoneをアスファルトに落としてディスプレーを割ってしまったのだ! まだ買って1週間なのに。トホホ……。

 とはいえ「転んでも泣かない」のがASCII.jp編集部員のお約束。ということで購入レポートに続いて、今回はiPhone 3GSを壊した場合の修理方法をまとめていこう。

iPhoneの最新情報を交換するためASCII.jp内に私的に結成されたクラブ。過去記事はこちら


割れるときは割れます

 まずはiPhone 3GSが割れた現場検証からだ。普段、カリーさんはジーパンの「ケツポケ」(お尻のポケット)にiPhoneを突っ込んで持ち歩いている。この日もウェブで調べものをするために、ポケットからiPhoneを取り出そうとしたら……。

ポケットから出したところですっぽ抜けた! iPhoneはきれいに放物線を描いて、タッチパネルから地面に着地(写真はイメージです)
「落としてしまった!」と、毎秒1mくらいのものすごい勢いで血の気が引いていく。「まさか割れてないよな!?」と手に取ってみると
ノォーーー!!! バキバキですやん!!

 実はカリーさんは、iPhone 3GS以前にもiPhone 3Gを使っていて、何度かアスファルトに落としたことがあったが、そのときは背面や角から地面に当たったため、裏側が傷つく程度で済んでいた。

 しかし、今回は違った。当たりどころが悪過ぎたのか、一発でタッチパネル全体にヒビが入ってしまったのだ。「iPhoneケースに入れておけば」と思うも後の祭り。とりあえずディスプレーに触ってみると……。あれ!? 動くじゃん!

 iPhone 3GSのタッチパネルは、フロントガラスとタッチセンサー、液晶ディスプレーという構造になっている。どうやら今回は最前面にあるガラスだけが割れたらしい。

一応、操作は受け付けてくれるので、Twitterで割れたことを報告してみるなんか指が痛いと思ったらガラスが刺さってる(笑)
きれいな背面しているだろ、割れてるんだぜ、これで……会社に来てから本当に「orz」(「がっくり」を意味する絵文字)な感じでした

 前面ガラスが割れた以外は特に問題がないようだ。しかし、いくら操作できるとはいえ、このままハードに仕事で使うのは困難だろう。iPhoneのディスプレー以上にカリーさんの心にもヒビが入ったが、天がわざわざiPhoneクラブにネタを与えてくれたのだと好意的に解釈して、修理に出すことを心に決めた。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中