このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

都庁前iPhoneクラブ ― 第24回

ココが変だよ! 「電話」として見たiPhone

2009年11月08日 14時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneクラブ
今回はiPhoneの電話機能について語るために、覆面軍団を招集! 写真左よりデストロイヤーマスクの「ニッシー」、天狗のお面の「マッチョ」、レスラーマスクの「カリー」、ベネチアンマスクの「トシロ」というメンバーだ。ちなみにメインで使っているiPhoneはカリーさんのみ3GSで、ほかの3人は3G

 iPhoneの最新情報を交換するため、社内に私的に結成された「都庁前iPhoneクラブ」。

 今までiPhoneの魅力についてこってり語ってきたこの連載ですが、そういえば電話機能について一切触れていない! iPhoneって世間的には「携帯電話」なんですよ。防水ケースとかけしからんアプリとか、そういうマニアックなところは取り上げていたのに、まさか基礎の基礎を見落としていたとは……。

 ということでレスラーマスクの「カリー」さんが、いつもの会議室にiPhoneクラブのメンバーを招集して、iPhoneの「電話」について語ってみることにした。しかし、トークを始めてみれば、次々とダメ出しされる結果に。電話として見たiPhoneの何が不満なのか!? 早速、見ていこう。


iPhone 3Gを使うと電話が増える、その理由は!?

カリー:まず最初に聞いておきたいんだけど、みんなiPhoneで電話かけている?

トシロ:俺は持っているケータイがiPhone 3Gのみだから、通話しているね。

マッチョ:俺はiPhoneは通話に使ってませんね。ほら、ドコモちゃん(「F-04A」のUNITED ARROWSモデル)をメインで使ってるから。

ニッシー:僕も普通のケータイがメインですね。ケータイ事業者は、両方ソフトバンクですが。

マッチョ ニッシー
iPhone+普通のケータイという「2台持ち」というマッチョとニッシー

トシロ:出た、2台持ち。

カリー:俺も2台持ちですよ。でもiPhone 3Gと3GS。

マッチョ:それは「バカ」としかいいようがないですよ。だって、いろいろな意味でリスク回避にならない(笑)。

カリー:なぬー! まぁ、確かにそうかもしれんけどね。それは置いておいて、長らくノキアのケータイを使ってきて、そこからiPhoneに乗り換えたんだけど、最初は電話として使うのに違和感がものすごくあった。

ニッシー:というと?

カリー:外観から言えば、普通のケータイより幅があるくせに平たいので、耳にあてたときの感覚が違う。電話というより板を付けているというか……。

マッチョ:まぁ、正直言うと、俺はiPhoneの電話はほとんど使っていないんですよね。

トシロ:そう? 俺はiPhoneになってから、すごく電話する機会が増えた。

マッチョ:え、それはiPhoneの電話が使いやすいからですか?

トシロ:違う。多分、文字入力がしにくいから、ケータイメールを打つんじゃなくて、電話をかけちゃうんだよ。

一同:(笑)

ニッシー:それはね、僕も実感しています。最近、iPhone 3Gからケータイにスイッチしてから、Twitterへの書き込みが増えたんですよ。ケータイ向けの「モバツイッター」を使っているんですが、ひとつあたりのつぶやきが短時間で済む。

トシロ:iPhoneは画面を見なきゃ入力できないのが辛いよね。俺は、ケータイだと見なくてもボタンを打てたからなぁ。

ニッシー:ほかの人が書いたのを見るぶんには楽なんですよね。

トシロ:俺はメールの行数が減ったよ。「はい」とか「○○します」とかその程度。

マッチョ:すんごい長いメールが来ても、打つのが面倒だし、入力も遅いから返しが短くなっちゃいますよね。

トシロ:あと難しい漢字で変換候補がなかなか出てこないので、全部ひらがな(笑)

カリー:それはみんなが「3G」だからってのもあるのかもしれませんね。3Gでフリック入力すると鬼のように待たされますが、「3GS」だと動作速度が速いので、文字入力もサクサクですよ。

マッチョ:うーん、やっぱ3GSかあ……。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中