このページの本文へ

iPhone 3GS 16GBも「実質0円」に 1月31日まで

2009年12月01日 17時30分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 3GS
iPhone 3GS

 ソフトバンクモバイルは1日、4日より「iPhone for everybodyキャンペーン」におけるiPhone 3GSの値引き額を増やすと発表した。キャンペーン自体は1月31日まで実施している(関連記事)。

 iPhone for everybodyキャンペーンは、加入することで(1)端末価格の値引き、(2)パケット定額サービス「パケット定額フル」の上限が5985円から4410円に減る──というふたつのメリットがある。今回、iPhone 3GSにおいて、端末価格の値引き額が以下のように改訂された。


キャンペーン適用時におけるiPhone 3GSの端末価格

モデル 改定前の価格 改定後の価格 値下げ額
iPhone 3GS 32GB 2880円 2400円 480円
iPhone 3GS 16GB 2400円 1920円

 そもそもソフトバンクモバイルには、購入タイプとして「新スーパーボーナス」を選ぶと「月々割」で毎月端末代から規定分だけ値引きしてくれるというサービスがある。値引額は、iPhone 3GSの場合は1920円、3Gでは1280円だ(関連リンク)。

 iPhoneでは、さらにiPhone for everybodyキャンペーンに加入することで端末代金が下がる。3GSの16GBモデルでは、端末代の1920円から月々割の1920円を引くことで「実質負担0円」というソフトバンクモバイルのキャッチコピーが成立するわけだ。

 例えば、以下の条件で「新スーパーボーナス」の24回払い+iPhone for everybodyキャンペーン加入という条件で購入すると、毎月の支払額は2324〜5705円となる(通話料除く)。

iPhone 3GSの16GBモデルをキャンペーン適用で買った場合

  • 端末代金(新スーパーボーナス2年払い)…1920円
  • ホワイトプラン(i)………………………………980円
  • S!ベーシックパック(i)…………………………315円
  • パケット定額フル………………………………1029〜4410円
  • 新スーパーボーナスの「月々割」……………−1920円

月額料金のシミュレーションについては、ソフトバンクモバイルのこちらのページを使おう。なお、1日現在、今回の発表を受けた金額での計算はできない。

 このキャンペーンに入るデメリットは、「ホワイトプラン(i)」の料金プランで2年縛りを約束する「2年契約(キャンペーン)」に申し込む必要があるという点。更新月以外に解約した場合は、契約解除料として9975円を払うことになり、先のように24回払いなど割賦でiPhone 3GSを買っていた場合は残りの端末代金も清算することになる。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中