このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第83回

TDP45Wの新CPU「Athlon II X4 605e/X2 240e」の性能と消費電力のバランスは?

2009年09月18日 00時01分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アプリケーションベンチ

 アプリケーションを用いたベンチマークの結果は、L3キャッシュを持つクアッドコアのPhenom II X4 905eがあらゆる場面で高スコアを叩き出しているが、L3キャッシュのないAthlon II X4 605eもなかなか健闘しているという印象だ。この程度の差であれば、価格と消費電力を重視するなら十分にPhenom II 905eのライバルとなり得るだろう。
 トリプルコアのPhenom II X3 705eは、PCMark VantageのようにL3キャッシュの影響が大きいものだとよいが、動画エンコードのような多コアを使った力業のテストだと微妙感が拭えない。あらゆる用途を想定した場合は、中途半端さが目立つなんとも悩ましいポジションになってしまった感がある。
 なおCineBenchR10は、Core 2 Duo E8400のスコアがかなり高いことから、SSE4を用いたIntel系CPUにかなり有利なベンチマークと思われるため、Core 2 Duo E8400のスコアは参考程度に止めておいてもらいたい。

PCMark Vantage
PCMark Vantage (単位:score) better→
CineBench10
CineBench10(単位:score) better→
AviUtl エンコード時間
AviUtl エンコード時間(2分のSD動画を高画質設定でH.264エンコード/単位:秒) ←Fast

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中