このページの本文へ

ASRock「939A785GMH/128M」

Socket 939で「AMD 785G」!? ASRock製ユニークマザー!

2009年10月15日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「AMD 785G」チップセットを採用しながらもSocket 939に対応するというユニークなASRock製マザーボード「939A785GMH/128M」の販売が今日から始まった。

「939A785GMH/128M」 「AMD 785G」チップセットを採用しながらもSocket 939に対応するというユニークなASRock製マザーボード「939A785GMH/128M」

 ASRockといえば、自由でユニークな発想のマザーボードを次々とリリースすることで名前を売った時期もあったが、最近は比較的おとなしい!?印象の製品が多くなっていた。そんな中登場したのが、現行のチップセット「AMD 785G」を採用しながらもSocket 939に対応するというmicro ATXマザーボード「939A785GMH/128M」だ。
 DirectX 10.1やUVD2をサポートし、Radeon HD4200を搭載するグラフィック統合型のミドルレンジクラスチップセット「AMD 785G」+「SB710」といえば、来週発売の次期OS「Windows 7」での運用も想定でき、当然Hybrid CrossFireXをサポート。同チップセット搭載モデルではお約束となっている「SidePort memory 128MB」も装備されている。

ロゴ
現行のチップセット「AMD 785G」を採用しながらもSocket 939に対応するというmicro ATXマザーボード「939A785GMH/128M」。引き出しの奥に眠ったままのSocket 939対応CPUを使うにはうってつけ?

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2という構成。メモリはDDR DIMM×4(DDR-400/333/266、4GBまで)、オンボードインターフェイスは、VGAや8chサウンド(Realtek/ALC888)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111DL)、Serial ATA II×5、eSATA×1、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGA出力のほかDVIとHDMIも装備し、ソケット以外のスペックはなんら他のSocket AM3対応マザーと変わりはない(さすがにメモリはDDRサポートだが)。なお、発表されている対応CPUリストによるとOpteron154(2.8GHz)、Athlon64FX57(2.8GHz)、Athlon64x2 4600+(2.4GHz)、Athlon64 4000+(2.4GHz)、Sempron3400+(2.0GHz)等がサポートされている。
 CPUやメモリをあえて購入してまで組み上げる製品ではないだろうが、引き出しの奥に眠ったままのSocket 939対応CPUや、当時安くて思わず買い過ぎたが結局使わないまま埃をかぶっているDDRメモリなどを復活運用させるにはぴったりかもしれない。価格はドスパラ秋葉原本店とTSUKUMO eX.で8980円、ツクモパソコン本店で9800円となっている。

I/O部
ソケット以外のスペックはなんら他のSocket AM3対応マザーと変わりはない(懐かしのDDR DIMMは除く)。939対応の「Windows 7」搭載PCなんてことも可能かもしれない

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中