このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ここがスゴいぞっ! iLife ’09 ― 第1回

アナタの「顔」で写真を分類 iPhoto ’09の「人々」機能

2009年01月30日 20時00分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iLife '09
iLife '09は、新品のMac本体に同梱されており、買ったその日から無料で使える。パッケージを単品で買っても8800円と、5本含まれていることを考えればかなりお買い得だろう

 「コンピュータ、ソフトがなければタダの箱」

 そんな言葉があるように、いくら高性能なパソコンが手元にあっても、その上で動くソフトがなければ、何もユーザーの役に立ってくれない。パソコン選びというとハードに目が行きがちだが、案外、自分の目的に合った「キラーアプリ」があるかどうかも重要なのだ。

 Macの世界において、そうしたキラーアプリとも言えるのが、写真管理、ビデオ編集、音楽編集などに使える5本のソフトがまとまった「iLife '09」(Apple Storeで見る)だ。

 iLife '09のいいところは、簡単に言うと「手間いらず」という点。アップル流の見栄えのいいテンプレートや「おっ」と思わせる素材が用意されており、例えば、写真だったらアルバム、動画だったらショートムービー、音楽だったらBGMといった具合に、少ない手間で本格的なコンテンツを作れるのだ。

 この連載では、そうしたiLife '09の魅力をお伝えしていこう。初回は写真管理ソフト「iPhoto '09」の「人々」機能を紹介する。


写真を「顔」で探せる!

 最近、コンパクトデジカメでは当たり前のように付いている顔認識の機能。iPhoto '09はこの種の顔認識技術をベースにした「人々」機能を追加し、ライブラリーの中から人の顔が写った写真のみを抽出できるようになった。

人々機能
「人々」機能の画面(英語では「Faces」)。いったん人の顔を認識させたあとは、こんな感じでコルクボードに分類して、貼り付けてくれる

 要するにどういうことかというと、特定の友人や自分の家族の写真をサクっと探せるようになるのだ。例えば、「今までMacに取り込んだ写真の中から、自分の娘が写ったものを探し出してアルバムを作りたい」という場合、今までは

  • 手動で探して、アルバムに1枚ずつ追加していく
  • 1枚1枚「娘」というタグを付けていく

 という手段が主だったが、いかんせんどちらも面倒だ。なかなかやる気が起きず、結局、何もせずに放っておいた──というお父さんも少なくないはず。

 そこで「人々」機能だ。iPhoneに写真を読み込ませて、簡単なトレーニングを実行することで、個人ごとに写真を分類できるようになる。しかも、「人々」機能が嬉しいのは、いったん設定しておけば、あとから画像を取り込んでも自動で追加していってくれるところ。早速、その設定方法を見ていこう。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中