このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ここがスゴいぞっ! iLife ’09 ― 第12回

Macでビデオ編集 知っておきたい6つの疑問

2009年07月14日 17時00分更新

文● 小原裕太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iLife '09
iLife '09。価格は8800円

 出産、旅行、友人の結婚式など、節目節目のイベントではビデオカメラの出番が増えるもの。ところが、せっかく撮ったビデオも、「編集とか、よく分かんないし」なんていう理由で、ビデオカメラに塩漬けしちゃってる人の多いこと……。

 何事も、まずは「基本を押さえる」ことが大切。本連載ではこれから数回にわたって、Macの動画編集ソフト「iMovie '09」の使い方を紹介していくが、その前に知っておきたいのが動画編集の基礎知識だ。というわけで、初心者が感じるであろう6つの疑問についてまとめてみた。



その1:Macではどんなビデオカメラを買えばいい?

 答えは「基本的に何でもいいんじゃない?」だ。

HDR-XR520V
ソニーのハイエンドビデオカメラ「HDR-XR520V」。アクティブ手ぶれ補正、暗所撮影に強いCMOS、GPS搭載と機能がてんこもりだ

 現在、量販店に並んでいるビデオカメラは、家庭用テレビで鑑賞できる最高画質の「フルハイビジョン」対応が当たり前になっている。思い出はなるべくきれいな画質で残しておきたいもの。まずはフルハイビジョンに対応しているかどうかで、ビデオカメラを選ぶといいだろう。

 各機種で最大記録画素数に違いはあるが、フルハイビジョンの映像の画素数は、1920×1080ドット=約207万画素なので、静止画撮影も重視したいというのでなければ、この画素数をクリアした機種を選べば十分だろう。機能面では顔認識や手ぶれ補正など、各機種で違いはあるものの、そのあたりはお好みでどうぞ。

LUMIX DMC-GH1K
一眼タイプのデジカメで、本格的なハイビジョンビデオ撮影も楽しめるパナソニックの「LUMIX DMC-GH1K」。キットレンズはビデオ撮影用にズームや絞りの動作音が静粛な専用タイプ

 注目は、キヤノンの「EOS Kiss X3」やニコンの「D5000」など、フルハイビジョン動画撮影機能を搭載した一眼レフデジカメだ。

 一般的なビデオカメラに比べて片手持ちで撮りにくいなどの制限はあるものの、1)撮像素子が大きいため明るく発色のいい映像を撮影できる、2)交換レンズ次第で背景をキレイにぼかして画質を追求できる──といったようなメリットがある。また、最近のものであれば、コンパクトデジカメの動画撮影機能でもあなどれないレベルになってきている。

 ビデオカメラにしても、デジカメにしても、映像を記録するのは内蔵HDDやフラッシュメモリーが主流だ。本体を直接Macにつなぐもよし、メモリーカードリーダを介してつなぐもよし。どちらの方法でもビデオ素材をMacに問題なく取り込める。というわけで、冒頭の結論になるわけだ。

 ちなみにアップルは、iMovie '09との互換性を確認したビデオカメラをサポートページにて公表している(関連リンク)。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

MacPeople最新号 2014年2月号

  • 2月号の特集記事
  • 巻頭特集 すべてのユーザーが気になる! ついに出た新Mac Pro
  • 特集1 Mavericks搭載MacBookで作る最強Windowsマシン
  • 特集2 iPhoneデベロッパーがいま考えていること
  • 特集3 Mac & iOSデバイスのセキュリティー鉄板設定
  • 表現力と使いやすさが大幅に向上して「FileMaker」がメジャーアップデート
  • 日本語入力が堅実に進化した 高速レスポンスの「かわせみ2」
  • SSDとハードディスクを融合した話題のハイブリッドストレージを試す
  • iPhoneから遠隔操作で録音できるICレコーダー「Voice-Trek DS-901」
  • 2台のマシンでキーボード/マウスをシームレスに共有できる「REX-KMSU2」
  • より詳しい情報はこちら >>