このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

痛Gフェスタレポート第6回

お台場に痛車500台が集結!「痛Gフェスタ」の激痛にキミは耐えられるか!?【6痛目】

2008年11月19日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 うわ~! 開催日から1週間が経過してしまったが、引き続き「痛Gフェスタ」の様子をお伝えしよう。
 今回は個人情報の観点からナンバーを伏せているが、実はみなさんナンバーにも気を使っていたりする。会場でいちばん目に付いたのが、初音ミク車の「39-39」だ。いわずもがなだが「みっくみく!」である。
 また「スクールデイズ」の言葉号に至っては「51-08」。なんと「ことのは」をもじったものだったりして、かなりのこだわり。この車両のみは、オーナーさんに直接お会いでき、ぜひナンバーも晒して欲しいということだったので、特別に公開している。ぜひこの気配りを感じて欲しい。
 今回はエントリーNo117~142の26台を紹介しよう。
 この時点で閉会まであと2時間と、時間も迫ってきたため痛単車と痛チャリの撮影は断念! オーナーのみなさま、すみませんでした! また痛車の方も軽症まで撮影していると会場全部を回れなくなくなりそうになってきたので、すべてを撮影することはできなかった。軽症のオーナーさん申し訳ない! 次回の痛Gフェスタは、撮影班を3班ぐらい用意して参戦します!
 ということで、恒例の大人の事情を(笑)。
 11月28日発売の『痛車グラフィックスVOL3』(芸文社 刊)にも会場の記事が掲載されるので買うのだ!

Category-0 軽症 救急搬送不要

 ベースカラーがこの色だけに痛車化が難しい?

 Category-0 軽症 救急搬送不要


 こじんまりとまとまったらき☆すたの痛車。

エントリーNO.117-1 エントリーNO.117-2
Category-1 重篤 早期救命措置を要する

 5面はやて萌えのラパン

 Category-1 重篤 早期救命措置を要する


 コミケで見かけたような気もするはやて号。こだわりを感じずにはいられないぜ!

エントリーNO.118-1
エントリーNO.118-2 エントリーNO.118-3
エントリーNO.118-4
Category-0 軽症 救急搬送不要

 モノクロで渋くまとめたバン

 Category-0 軽症 救急搬送不要


 東方系の痛車だが、ボディの大きいためステッカーが小さく見えてしまって残念。

エントリーNO.119-1
エントリーNO.119-2 エントリーNO.119-3
Category-0 救命不可能

 白いパンツが3面に輝く激痛の痛車

 Category-0 救命不可能


 こちらもおなじみの痛車。毎度ながら、激しいパンチラに頭を抱えちゃう痛車キング!

エントリーNO.120-1
エントリーNO.120-2 エントリーNO.120-3
エントリーNO.120-4

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

この特集の記事

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社