このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第39回

iPhoneとSH906iから見るタッチパネルの必然性

2008年09月18日 13時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
【今週の1枚】横長のケータイカルチャーを作ることに挑戦するSH906iのタッチパネル。なかなかスムーズな動作にチューニングするのは難しいが、動作とアニメーションの組み合わせで待ち時間を楽しませる工夫が息づいている

 タッチパネルによる使いやすいケータイとは何か?  昨今の端末の動向を見ながら、ふと考えさせられることが多い。ケータイにふさわしいインターフェースについて、国産のタッチパネルケータイNTTドコモの「SH906i」をきっかけに考えてみたい。端末の企画を担当したシャープの木戸貴之氏に聞いた。


タッチパネル化によって生まれる課題

 iPhoneが登場して、ケータイのインターフェースとしてタッチパネルが注目されるようになった。ソフトバンクのiPhoneのほかに、auやイー・モバイルは台湾HTC製端末を導入するなど、タッチパネルはスマートフォンを皮切りに広まりつつある。

 iPhoneはソフトウエアキーボード1本に絞って、シンプルなデザインを実現している。一方、ほかのスマートフォンは物理的なQWERTYキーボードを備えた端末が多い。ケータイとしてフルキーボードを備えるSoftBank 922SHのように工夫されて使いやすい端末もあるが、フルキーボードを備えているから文字入力が速くなるわけでもない。

フルキーボードを備えつつケータイのアイデンティティーを失わないSoftBank 922SH。右のヒンジに近い部分に十字キーやソフトキーを集めることによって片手でも使えるように工夫されている。「ワンハンドはケータイの証」とは木戸氏の弁

 タッチパネルの搭載もまた、同様のことが言える。タッチパネルを搭載したからケータイが使いやすくなるかといえば、決してそんなことはない。画面に再現されるボタンの大きさや、フリック、ピンチなどの特有の操作を実現するインターフェースの設計、これらの動作を心地よく見せる反応速度。インターフェースがタッチパネル化してからの課題は多い。

 iPhoneのインターフェースについてはすでに語り尽くされている感があるが、タッチパネルを搭載するほかの端末を見ると、やはりソフトウエアとインターフェースの一体的な「エクスペリメンタル・デザイン」による成功が光る。iPhoneをケータイと捉えるべきか否かは別の問題であるが、同様にタッチパネルを搭載したPRADA phoneは、ケータイでの動作を再現するあまり、iPhoneほどの心地よさには到達していない。まあPRADA phoneには別の価値があるからいいと思うけれども。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART