このページの本文へ

冷やし始めました!ラーメン缶に夏の新商品が来週デビュー!

2007年06月07日 21時31分更新

文● 宇田川和成

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “おでん缶”に続く秋葉原の大ヒットソウルフードといえば“ラーメン缶”だが、なんと来週から“ラーメン缶”に新味が加わることとなった。今回新たに追加されるのは、その名も“冷やし麺”。夏だから冷やしで勝負といったところだろうか。

ラーメン缶とチチブ電機社長 来週発売の新“ラーメン缶”「札幌らーめん缶 冷やし麺」を手にアキバ一有名な自販機前でチチブ電機社長小菅氏にポーズしていただいた

 缶の表記によれば、夏に冷やして食べるとこんにゃく麺のさっぱりとしたのどごしと、ダシの旨みが効いた特製スープとの相性が良く、食欲のないときでも思わず手が伸びてしまうとしている。なお、原材料はこんにゃく、醤油、メンマ、米粉、砂糖、かつおエキス、ポークエキス、醸造酢、植物油脂、海老、食塩、香辛料、煮干粉末など。内容量は290g。販売をするのは“おでん缶”をアキバの定番自販機アイテムとして全国に広めたチチブ電機。販売開始は来週から、価格は350円だ。

缶デザイン キャララクター
缶のデザインは従来の製品と同様だ缶大将なるキャラクターも継続して採用されている
原材料 フォーク
原材料名などの表示。麺はこんにゃくであることがわかる従来までの製品同様、缶の上部に折りたたみ式のフォークが付属している
缶を開ける どんぶりに開けたみた
編集部で“冷やし麺”を試食してみると……メンマと麺という非常にシンプルな構成!

 実際に発売前のサンプル缶を食べてみたが、麺は従来のらーめん缶と同様こんにゃく麺を使用し、食感はおでんダネのシラタキや糸こんにゃくがほどけた感じといったらイメージしやすいのではないだろうか。スープはカツオダシが非常に効いた独特の風味が強く感じる。まさに好きな人にはたまらない味といえるだろう。
 兎にも角にも、この夏アキバの話題をさらうニューアイテムであることには間違いないだろう。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社