このページの本文へ

“こてんぐ”のらーめん缶が8月1日に3種デビュー!

2007年07月24日 21時30分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前、“こてんぐ”ブランドの「カレーうどん」缶が8月1日登場予定という記事でお伝えした天狗缶詰のラーメンバージョンと、冷やしバージョンのサンプル缶がチチブ電機に入荷した。

天狗缶詰から「冷やし麺」「中華そば」「カレーうどん」の3種類が8月1日(水)から発売開始天狗缶詰から8月1日(水)から発売開始される「冷やし麺」「中華そば」「カレーうどん」の3種類。(写真はサンプル缶のためおでん用の缶を使用している)

 今回サンプル品として入荷したのは「冷やし麺」「中華そば」の2種類。前回の「カレーうどん」と合わせて3種類同時に8月1日(水)に発売する予定で価格は300円とのことだ。

“ほんのりゆず風味”メンマ・うずら卵・刻みチャーシュー入り「冷やし麺」“ほんのりゆず風味”メンマ・うずら卵・刻みチャーシュー入り「冷やし麺」
“あっさりとんこつ醤油味”メンマ・うずら卵・刻みチャーシュー入り「中華そば」“あっさりとんこつ醤油味”メンマ・うずら卵・刻みチャーシュー入り「中華そば」
“とろみスープ”油揚げ・豚肉入り「カレーうどん」“とろみスープ”油揚げ・豚肉入り「カレーうどん」

 原材料は「冷やし麺」が、こんにゃく、めんま、うずら卵、醤油、焼豚、還元水あめ、鰹エキス、食塩、チキンエキス、大豆油、発酵調味料、醸造酢、ゆず果汁、香味油、鰹節、大豆、昆布、ごま油、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸塩(Na)、増粘剤(キサンタンガム)。
 「中華そば」は、こんにゃく、めんま、うずら卵、焼豚、ポークエキス、醤油、食塩、食用香味油、チキンエキス、煮干しエキス、豚脂、たん白加水分解物、大豆、還元水あめ、昆布、酒精、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、リン酸塩(Na)、香辛料抽出物、カラメル色素、増粘剤(キサンタンガム)。内容量は2缶ともに290gとなっている。

「冷やし麺」 「中華そば」
“ほんのりゆず風味”の「冷やし麺」。かつおだしが香り、後味がほのかにゆず風味。具材は大きめのメンマ・うずら卵・刻みチャーシュー入り“あっさりとんこつ醤油味”の「中華そば」。こちらも具材が大きいメンマ・うずら卵・刻みチャーシュー入り
具材は、「冷やし麺」「中華そば」ともに、大ぶりのメンマと、味付けうずら卵・刻みチャーシューが入り豪華具材は、「冷やし麺」「中華そば」ともに、大ぶりのメンマと、味付けうずら卵・刻みチャーシューが入り豪華

 また、今回も貴重なサンプル品を1缶ずついただいたので、編集部に持ち帰って試食したところ、「どちらかというと冷やし麺のほうがさっぱりしていておいしい」「冷やし麺のほうが味が濃くてうまい」「中華そばは、少し味が薄い」「具がデカイ、特にメンマがやわらかい」「味付けうずら卵はいいねー」などの意見が出た。なお、「カレーうどん」の麺と比べると「麺がこんにゃくぽい」という意見もあった。

やわらかい大きめメンマ こんにゃく麺
やわらかい大きめメンマが4切れほど入る麺はこんにゃく麺。カレーうどんに比べ、こんにゃく感はかなり残っている
味付けうずら卵 刻みチャーシュー
味付けうずら卵刻みチャーシュー

 8月1日から、またひとつアキバの定番土産が増えそうだ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社