このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第86回

DSP版Windowsが大きな気泡で膨らむ? 本当にあった目を疑う不良品たち

2018年06月20日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 買ったはいいものの、いざ使おうとしたら使えなかった製品、いわゆる「初期不良品」。ヤマダが初めての自作で思いっきりハマりメーカーに修理交換を依頼しましたが、数年後、今度は自らが初期不良品を受ける側になっていました。

 初期不良品は、購入したユーザーからそれなりのルールや手順にのっとって、明らかに不良品と判断された場合、メーカーさんに返品したり、交換や修理をお願いしたりします(メーカーさんによってルールは異なりますが)。

 ヤマダが担当していた窓の円盤などは「ソフトウェア」という性質上、基本購入したユーザーさんからは返品不可能なのです。が、例えば販売前に「お店に並べる前の検品時に、紙スリーブがひどく折れ曲がっていた」や、「どこでそうなったかはわからないけれど、ひどく汚れていた」場合など、「物理的にこれは販売できないだろ」という場合は、協議して可能な場合は交換などの対応をしていました

※ あくまでヤマダが担当していた5年以上前の話で、今はわかりません。あしからず。

 ただ、その中に3年に一度あるかないかの「な、なんじゃこりゃぁぁぁぁぁああぁぁぁぁあああああ!?!?!?」な物理的エラーが発生するのです。そもそも円盤自体の不良が珍しい中、もうこれ一生に一度あるかないかだろな事件。

 その不良品を見た瞬間、「モルダー、あなた疲れてるのよ……」と言わざるを得ませんでした。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!