このページの本文へ

週替わりギークス第39回

黒がカッコいい!ウェアラブルアームロボット「黒メカフ(仮)」

2017年06月13日 17時00分更新

文● きゅんくん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この連載は江渡浩一郎、きゅんくん、青木俊介が週替わりでそれぞれの領域について語っていく。今回はきゅんくんが「黒メカフ(仮)」を作る様子を公開する。

 昨年ステージ用に制作したウェアラブルアームロボット「METCALF stage(メカフステージ)」の同型パーツを、海内工業株式会社さんが黒アルマイトを掛けて作ってくださった。

 「METCALFシリーズ」の初期パーツは自分で板金加工をしていたが、「METCALF clione(メカフクリオネ)」と「METCALF stage(メカフステージ)」の板金パーツは海内工業株式会社さんに製作をお願いしている。

 座組を図にすると以下のような感じだ。

 メカフクリオネとメカフステージのソフトウェアはロボット用OSの「V-Sido(ブシドー) OS」を作っているアスラテック株式会社さんにお願いした。実際に使用したAKB48単独公演のステージ裏でも、アスラテックの方々と着脱やロボットの調整などをした。経験も知識も乏しい私が大きなステージをなんとか乗り切れたのはアスラテックの方々のおかげだ。頭が上がらない。

 メカフステージは前回のアスキー倶楽部での記事で作品撮りしたものを掲載した。こちらの記事だ。

撮影・荻原楽太郎、モデル・瑠花、HoloLens提供・黒木達也様

 今回はメカフステージとは別バージョンとして、「黒メカフ(仮名)」を作っていく。ソフトウェアも自分でやろうと思う。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!