このページの本文へ

週替わりギークス第44回

自動で靴ひも締まるスニーカー ナイキの新たな一歩だ

2017年10月03日 21時00分更新

文● きゅんくん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ナイキは2016年11月にアメリカで発売したスニーカー「Nike HyperAdapt 1.0」を、9月23日に日本国内で販売開始した。「E.A.R.L.(自動シューレース調整システム)」を搭載し話題を呼んだこのスニーカーは、かかとに圧力センサーが組み込まれており、履いたときの体重の重みをトリガーに靴ひも(シューレース)のワイヤーが自動で短くなり足にフィットする。つまり、自動で靴ひもが締まる仕組みだ。個人的には2015年に発表されてから心待ちにしていた製品である。

 今回はこのスニーカーを着用した感想をお届けする。

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場し、ナイキが実際に開発した自動で靴ひもが締まるスニーカー「Nike Mag」を市販向けに改良したものがNike HyperAdapt 1.0だ。価格は8万1000円で、販売は抽選。公式ウェブサイトで確認したところ、すでに完売のようだ。

 アメリカでの発売から日本に来るまで1年近くを要したのは、各国の家電販売に関わる法律などをクリアするためだそうだ。普段販売しているウェアとはまったく違う構造の製品に、大企業ながら苦労した様子がうかがい知れた。

 ご厚意で発売イベントに伺い試着をし、プレゼントしていただいた。おもしろいスニーカーなので、PRではないがここで紹介したい。

各種モジュールは靴底にまとめた

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!