このページの本文へ

週替わりギークス第56回

図面作成(CAD)ソフトとは? オートデスク最大級のカンファレンスがラスベガスで開催

2018年01月09日 17時00分更新

文● きゅんくん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年11月にラスベガスで開催された「Autodesk University Las Vegas 2017」に参加した。

 「Autodesk University(AU)」は、図面作成(CAD)ソフトウェアを主に開発している企業、Autodesk社が開催する顧客向けのカンファレンスだ。世界の各地で開催されており、日本でも「AU Japan」が毎年開催されている。

 AUの中で、「AU Las Vegas」は世界最大に相当する。

会場入口。「Autodesk university」の垂れ幕がある
AUは今年も世界各国で開催されている

 ラスベガスには大きなコンベンションセンターがいくつかあり、様々な企業や団体のイベントが開催されている。その中でも毎年1月に開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー「CES」が有名だろう。多くの家電新製品が発表され、プロトタイプが展示される、ラスベガス最大の見本市だ。

 筆者はCESに参加する目的でラスベガスに何度か訪れたことがあるが、AUに参加するのは初めて。

 CADは「computer-aided design」の略で、コンピューターを用いて設計をすること、あるいはコンピューターによる設計支援ツールのことを指す。コンピューター支援設計と訳されることもある。

 Autodeskの主要なソフトウェアはAutoCADシリーズ、Inventor、Alias、Maya、3ds Max、Softimageなど。3Dアニメーションから建築まで幅広い業界で使用されている。私が日常的に使うのはInventor、EAGLE、Fusion360だ。

 Inventorは機械設計向け3D CAD、EAGLEはPCB 設計ソフトウェア、Fusion 360はクラウドベースの CAD/CAM 設計ソフト。この連載で、Fusion 360のシミュレーション機能を取り上げたこともあった。

 AUはAutodeskのユーザーがソフトウェアに関する業務に役立つ情報を学び、交流する場でもある。今回筆者は、きゅんくんとは違う、本名名義の仕事でAUに参加した。

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!