このページの本文へ

ブルー、イエロー、ピンクの3色展開と予想:

アップル「安いiPhone」カラフル展開か

2018年05月16日 16時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple Hubさん(@theapplehub)がシェアした投稿 -

 アップルが2018年に発売するiPhone 8S(俗称。低価格iPhone)は、ブルー・イエロー・ピンクのカラーラインアップになるという。米ローゼンブラット証券のアナリストが現地時間5月14日、予測を発表した。

 アナリストは「アップルは3種類の新モデルを毎年発売しており、我々は低価格のLCDモデル(液晶)と2種類の高価格のOLEDモデル(有機EL)にはデザインの違いが必要だ」とコメント。デザインに関する合理的な選択肢の1つとして、従来とは異なるカラーラインアップを挙げている。

 アップルは2013年9月にポリカーボネート素材を外装に用いたカラフルな「iPhone 5c」を発売しており、こちらも事前の情報では低価格iPhoneだったことを考えると、「ありえる選択肢の1つ」と言えるのかもしれない。

 なおアナリストは2019年のiPhoneがトリプルレンズカメラになるだろうとの予測も同時に発表している。

関連:アップル来年のiPhoneにトリプルレンズ搭載か - 週刊アスキー

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン