このページの本文へ

運転手にはiPad mini4:

JR九州「iPhone 8」車掌に配布

2018年05月29日 13時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JR九州が28日、在来線の全乗務員にスマートデバイスを導入すると発表した。車掌にはアップル「iPhone 8」、運転手には同じく「iPad mini 4」を支給するという。

 iPhone 8やiPad mini 4の導入により、防災情報の取得や、各種マニュアルの電子化による災害への対応力強化をはかる。乗換案内や、翻訳アプリ、筆談アプリによる顧客サービスの向上、また異常発生時の写真データ共有などを通じた運転再開の迅速化といった目的もあるとのこと。

 導入時期は6月1日。来月からは車掌さんがスマホ、運転手さんがタブレットを操作している姿をよく目にするようになるかもしれない。

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン