このページの本文へ

ディスプレー生産数に問題との見解:

アップルiPhoneすべて有機EL化? うわさに疑問符

2018年06月01日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2019年に発売する3機種のiPhoneすべてに有機ELディスプレーを採用することを決めた——韓国メディアエレクトロニック・タイムズによる現地時間29日の報道を、アナリストは疑問視している。米ブルームバーグが伝えた。

 報道によれば、台湾ユアンタ・セキュリティーズ・インベストメント・コンサルティングのアナリスト、ジェフ・プー氏は「来年、アップルが3機種の有機ELディスプレーモデルを発売する見込みはない」とうわさを否定した。

 理由として、サムスン以外の有機ELディスプレー生産業者であるLGディスプレーがパネルの量産に苦戦しており、来年の生産台数を増やせる可能性が低い点を挙げている。

 JPモルガンのアナリスト、ジェイ・クォン氏は「(報道が事実であれば)アップルが今年後半に安い液晶ディスプレーモデルを販売する目的が台無しになる。その判断を下すのは時期尚早だ」と述べたという。

 アップルは今年、高価な有機ELディスプレーモデル2機種と、安価な液晶ディスプレーモデル1機種を発売すると見られている。年内生産量の比率は「45:55」になる見通しだ。

 たしかに現時点の予測状況から、2019年にいきなり「100:0」になるのは考えにくい。

■関連サイト


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン