このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

アスキースマホ総研 ― 第66回

Xperia XにGalaxy S7! 注目のスマホが揃ったMWCの情報をまとめてチェック!

2016年02月29日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MWCでXperiaの新シリーズ「Xperia X」の3モデルが発表された。従来のXperia Zシリーズから切り替わるもので5型液晶を採用。最上位のXperia X Performanceは国内リリースもすでに公表済みだ

 モバイル業界では世界最大のイベントと言える「Mobile World Congress」(MWC)。スペイン・バルセロナで開催されたこのMWCに、アスキースマホ総研からは例年どおりにスピーディー末岡が参加した。

 XperiaやGalaxyの新型モデルなど、日本でもリリースされる可能性が高いスマホが多数公開されたほか、現地でいろいろと興味深い端末をチェックしたという。そんなMWCの最新情報をいち早くまとめてお届けです!

MWCの注目情報を早くも掲載
バルセロナは楽しそう?

ドロイド 今回はMWCまとめですよ! と言いたいところですが、編集部には私しかいません。なんてこった! この対談の収録はMWC最終日(25日)ということで、スピーディーさんはスペインからSkypeで参加というのは予定どおりなのですが……。

今回はそれぞれ違う場所からSkypeで参加した。編集部はドロイドさんだけが1人寂しく

スピーディー そっちにカリーさんはいないんですか?

カリー ゴボゴボゴボ……すみません。インフルエンザにかかりました……。一応編集部に行こうとしたけど、ドロイドさんに「来るな!」と言われました。

ドロイド インフルを伝染されたくないしね! そういえばスマホ総研用にスピーディーさんのバルセロナの日々の写真をまとめて送ってもらったんですが、楽しそうですね!

バルセロナの宿は高価なので、編集部員や筆者陣が集まって、みんなで合宿状態だ
左写真が実際の会場。取材が一杯で疲れ果てたので、日本では見られないRed Bullでエネルギーチャージ

スピーディー バルセロナ取材が楽しいどころか、超大変なのはドロイドさんは経験者だから、よくよく知っているでしょ! 今回もASCII編集部のACCN、ライターの中山さん、山根博士と男だけの合宿状態ですよ!

カリー でも部屋は結構キレイそうだし、悪くなさそうじゃないですか。

スピーディー そうなんだけど、今回は到着したのは会期前々日で、その翌日の会期前日にはもう発表会の予定がギッシリ。Red Bull Red Editionというエナドリでエネルギーを補給しないとキーボードが打てないくらいに疲れ果ててる!

Xperiaはシリーズ名を一新して「Xperia X」に
5型液晶の高性能機が国内でもリリース予定

スピーディー MWCで期待されたのはやはりXperiaとGalaxyの新モデル! って、実は2014年も2015年も同じことをスマホ総研で言っているんだけど(笑)。ただ、去年のMWCではXperia Z4 “Tablet”が発表されただけだったから、今年はどうなるのかなと思っていた。

Xperia Xシリーズは「Xperia XA」「Xperia X」「Xperia X Performance」の3モデル構成

ドロイド それがなんとXperia Xの3モデルが登場! これは完全に新シリーズってことですね。しかも夏はXperia Xで、今年の冬には「Xperia Z6」が出るのかと思いきや、インタビューによるとXperiaは新章に突入ということで、Xperia Zの新モデルはもう出ないのだとか。

発表会ではソニーの平井一夫CEOも登壇。ソニー製品は“KANDO”を与えるとアピールした

スピーディー そうなんですよ! “Xperia”はスマホを中心とした各種周辺機器に使われるブランドになって、Xperia Xは真ん中に位置するスマホということです。で、Xperia Xは「Xperia XA」「Xperia X」「Xperia X Performance」の3モデルがあって、最後のX Performanceのみが国内でのリリースがすでに公表されています。各キャリアの夏モデルで登場するのかな!?

写真の「Xperia Projector」を始め、イヤフォンなど多数のXperiaブランドの周辺機器が発表された

カリー 3モデルとも5型ディスプレーなんですね! 通常のXperia Zシリーズよりは少し小さくなったというか。

Xperia XAとiPhone 6sを並べたところ。Xperia XAは特に狭額縁なので、画面サイズが大きいにも関わらず、横幅はほぼ一緒だ

ドロイド 詳しいスペックは下の表を見てもらうとして、Xperia X Performanceは防水・防塵対応で、そのぶんだけやや厚め(8.7mm)ですね。ディスプレーは5型フルHD、カメラは23メガ、CPUは現時点で最速クラスのSnapdragon 820。

Xperia X Performance
Xperia Z5からはイメージを変えつつ、側面の電源キーなどは継承している。指紋認証機能ももちろんここに搭載

スピーディー 個人的に気になったのはソニーモバイルが「スーパーミッドハイ」と表現していたXperia XAの方です。ディスプレーの端がラウンドしていて、超狭額縁。横幅は66.8mmだから、画面サイズが4.7型のiPhone 6sより小さいです。これまでのXperiaにはなかったデザインですね。ディスプレーに保護フィルムが貼りにくいタイプとも言えますが。

Xperia XAは超狭額縁が特徴。カラバリは3モデル共通。ローズゴールドも用意
中間のXperia XはフルHD解像度。防水・防塵は非対応だが、CPUは十分に高速で指紋認証も搭載。カメラはX Performanceと同等だ。性能と価格のバランスが取れている

カリー そうなのかー。でも冬スマホにはあった、4K液晶搭載モデルとかはないんですね。

ドロイド Xperia Xのバリエーションモデルは第2弾で冬に、ということなのかなあ。とはいえ、CPUがSnapdragon 820になって、特にGPU性能が上がっているからベンチマークのテストも相当良くなってそう。インカメラも13メガだし、どっちにしてもスゴく高性能なスマホなのは間違いなし。待ち遠しいです!

  Xperia XA Xperia X Xperia X
Performance
Xperia Z5
SO-01H
ディスプレー 5型液晶 5.5型液晶
画面解像度 720×1280ドット 1080×1920ドット 1080×1920ドット
サイズ 66.8×143.6
×7.9mm
69.4×142.7
×7.9mm
70.4×143.7
×8.7mm
72×146
×7.3mm
重量 約137.4g 約153g 約165g 約154g
CPU MediaTek
MT6755
(オクタコア)
Snapdragon 650
(ヘキサコア)
Snapdragon 820
(クアッドコア)
Snapdragon 810
(オクタコア)
メモリー 2GB 3GB 2GB
ストレージ 16GB 32GB 32GB
外部メモリー microSDXC(最大200GB)
カメラ リア:13メガ
イン:8メガ
リア:23メガ
イン:13メガ
リア:23メガ
イン:5.1メガ
OS Android 6.0 Android 5.1
(6.0を予定)
バッテリー 2300mAh 2620mAh 2700mAh 2900mAh
指紋認証 ×
防水/防塵 ×/× ○/○ ○/○
カラバリ White、Graphite Black、Lime Gold、Rose Gold White、Graphite Black、Gold、Green、Pink

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART