このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2015レポート ― 第21回

アルペジオコラボも盛りだくさん! 専用艦船テクスチャーに港グラ&ボイス

ガルパンMODが世界進出決定! ウォーゲーミングCEOが語る

2015年09月22日 15時00分更新

文● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wargaming.net社CEO Victor Kislyi氏(ビクター・キスリー/中央)らキーマンにインタビュー

ガチミリと萌えミリが悪魔合体したWGJブースで
3年連続3度目のCEOインタビュー敢行

 史上2番目の来場者数を記録した東京ゲームショウ2015。大型展示がひしめき合う会場において、他とは異質な迫力を醸し出していたのがウォーゲーミングジャパンのブースだ。

 戦車!戦艦!大爆発!でだいたい説明できるPVをスクリーンいっぱいに見せつけるザ・欧米テイストに面食らったものの、よくよく見ればコンパニオンのお姉さんはイオナや大洗女子学園を彷彿とさせるコスチュームに身を包んでおり、ブース前で手渡されたのはガルパン&アルペジオがダブル表紙のマンガ小冊子。

 おまけに特別試遊スペースの立て看板は、西住みほとイオナが互いの衣装を交換したコラボ仕様。男の子の夢を硬軟取り揃えたゴキゲンな空間だった。

アニメ『ガールズ&パンツァー』『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』とのダブルコラボに加え、今年は主力タイトル『World of Tanks』のPlaySation 4参入というニュースを引っ提げて幕張メッセに乗りこんできたウォーゲーミングジャパン
HR/HMサウンドが鳴り響き、サブウーファーの重低音が全身を包み込むマッスルなブースだが、配布物などは意外にも俺たち好み

アルペジオコラボも盛りだくさん!
専用艦船テクスチャーに港グラ&ボイス

 そんなウォーゲーミングジャパンのブースにて、Wargaming.net社CEOのVictor Kislyi氏らキーマンの方々に、日本での手応え、アニメコラボの未来、全世界会員数1億超の巨大タイトルに成長した『World of Tanks』そして正式サービスが始まった『World of Warships』の今後などについて伺った。

―― まずはこれまでの日本での手応えをお聞かせください。

Victor Kislyi氏。Wargaming.net社CEO

Victor Kislyi(CEO) 日本のコミュニティーはとても特別だと考えています。

 日本ではゲーミングPCを持っていない方が多いかと思いますが、日本のプレイヤーはゲームが楽しければそのためにPCを買い換えたり、我々のゲームを長期間遊んでくださっています。

 そんな日本のプレイヤーに応えるため、我々はさまざまなアップデートを重ねることでお返しをしたいと思いました。それはたとえば『World of Tanks』への日本技術ツリーの実装、9.10アップデートでの日本重戦車ラインの追加、そして『World of Warships』における日本艦船などです。これらはゲーム内においてとても重要なものです。

 正直、『World of Warships』を日本という国抜きで作れるとは思えません。戦艦〈大和〉が出ない海戦ゲームなんて何が楽しいのか、ということですね。

 日本含めたアジア全体という括りでも、新しいコンテンツを準備しており、そのなかの1つが今回発表させていただいた『World of Tanks』のPlaySation 4参入です。これは日本の方々に『World of Tanks』を知ってもらえる絶好の機会だと考えています。

PS4版『World of Tanks』の画面。PlayStation NetworkアカウントがあればPC版同様、基本無料でプレイできるという

 2013年からは日本にオフィスを設け、国内スタッフでサービスを提供・対応できるようにしました。そういった意味で、我々は日本のコミュニティーの近くで対応できたと思います。

 そして、9月17日から正式サービスが始まった『World of Warships』では『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』とのコラボレーションを進めており、MODには艦船のテクスチャーや港のグラフィック、音声などが変更できる要素を盛り込んでいます。

新情報発表ステージで流れた『World of Warships』アルペジオMODの紹介映像港のグラフィックも、劇中で登場した横須賀港に変更されている

(次ページでは、「朗報! ガルパンMOD世界展開決定。ガルパン劇場版にもミリタリー監修でサポート!」)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社