このページの本文へ

東京ゲームショウ2015レポート ― 第8回

人気アニメ2作とコラボで陸海制覇のウォーゲーミングブース:TGS 2015

2015年09月17日 21時30分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PS4版オンラインタンクバトル「World of Tanks」を発表

 ウォーゲーミングジャパンは9月17日、幕張メッセで開催中のTGS2015の同社ブースのイベントステージにて、PS4版オンラインタンクバトル「World of Tanks」(以下WoT)を発表した。Xbox OneとXbox 360のクロスプラットフォーム版に続く、最新コンソールゲーム機へのWoT投入となる。

同社ブースイベントステージにはウォーゲーミングのビクター・キスリーCEOが登壇、PS4版の開発をアナウンス

 東京ゲームショウ2015の会場外にはWoTとコラボする人気アニメ「ガールズ&パンツァー」であんこうチームが登場するIV号戦車(Pz.Kpfw.IV)の実物大プロップを展示。シュルツェンと長砲身の75mm砲を搭載するアニメ終盤の仕様となっている。

会場外にはガルパン仕様の実物大IV号戦車のプロップを展示

 ウォーゲーミングのブースには過去に日本が開発した超重戦車「オイ」の実物大プロップも展示されており、正面ステージの左右に「ガールズ&パンツァー」とコラボしたWoTの特設試遊スペースとアニメ「蒼き鋼のアルペジオ」とコラボし、9月17日から正式サービスを開始したオンライン海戦ストラテジー「World of Warships」(以下WoWS)の特設試遊スペースが用意される。

ブースには日本の超重戦車「オイ」の実物大プロップが

 どちらも作品テイストあふれる内装になっており、試遊したユーザーにはアニメ2作品コラボのクリアファイルがプレゼントされる。

試遊でもらえるクリアファイル

 さらに来場者にはモバイル版「World of Tanks Blitz」とWoWSのダブルフェイス仕様のマンガ小冊子をプレゼント。WoWSと「蒼き鋼のアルペジオ」コラボの入門マンガ「アドミラリティ・ガイド」は週刊アスキー連載「週刊戦車魂」のタンコちゃんでも知られる村正みかど氏(構成はまむらとしきり氏)によるもの。

ダブルフェイスの小冊子も配布

 試遊台のPCはデスクトップとノートとも、デルのゲーミングPCであるAlienware。キーボードとマウスはRazerとSteelSeriesが使われていた。ゲームショウ開催期間中にはさまざまなイベントステージが開催される予定だ。

ステージ前の試遊スペース。PCはデルのAlienware

 特設試遊スペース付近のディスプレイや立て看板を確認すると、何やら初見の情報もチラホラと散見される。特に立て看板のキャラ衣装は要チェック。なお、WoWS特設試遊台の戦艦テクスチャーは“霧の艦隊”仕様だったり、湾内がアルペジオの作中のつくりだったりと手が込んでいる。

WoWSの特設試遊スペース内部は霧の艦隊仕様。
艦船のテクスチャーもアルペジオ仕様だ
立て看板のイオナがガルパンのパンツァージャケット着用という変化球コラボ

 WoTの試遊PCはもちろんガルパンMODを適用したもの。ブース外壁で流されているガルパン名シーンをWoTで再現した動画は、なんと気合いが入った手作り。広報担当に聞いたところ、Mausを持ち上げるヘッツァーや砲塔旋回をジャマする89式中戦車だが、ゲーム内ではMausに接触するとスリップダメージですぐ爆発してしまうため、画面外に戦車を複数用意して秒単位で切り貼りした執念の作品とのことだ。

WoTの特設試遊スペース内部は薄暗い戦車内部を模したつくり
スペース内に展示されている西住みほの立て看板。衣装をよく見ると……?
WoTで再現した執念のガルパン名シーン動画

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社