このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 ― 第99回

最強夏スマホ、HTC&isai FL&TORQUEのカメラ性能を比べる

2014年09月16日 14時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最強のスマホを求めて、いつものテストを繰り返すスマホ定点観測。連載99回目の今回はカメラ勝負。サクサク撮れてキレイ、さらに独自機能もあれば言うことなしだが、そんな1台はあるだろうか?

au「HTC J butterfly HTL23」au「isai FL LGL24」au「TORQUE G01」

isai FLが1勝でカメラ比較に突入したが……

 今回も比較しているのは「HTC J butterfly HTL23」「isai FL LGL24」「TORQUE G01」のau夏スマホの3機種。ここまで、スペック&料金比較でisai FLが1勝、スピードチェックでは引き分けとした。isai FLが一応リードしているという状態。

 まずは、今回チェックするカメラの主なスペックについて、表にまとめた。

  HTC J butterfly isai FL TORQUE
カメラ画素数 1300万画素CMOS
(裏面照射型)
1320万画素CMOS
(裏面照射型)
800万画素CMOS
(裏面照射型)
F値 2 2.4 2.4
インカメラ 500万画素CMOS
(裏面照射型)
130万画素CMOS
(裏面照射型)
200万画素CMOS
(裏面照射型)
動画と静止画の同時撮影
動画最大サイズ フルHD 4K フルHD
シーン設定の有無 ×
露出補正 ×
ホワイトバランス調整 ×

 この表だけではHTC J butterflyが有利そうに見える。イマドキの自撮りを意識したインカメラが強力なスマホだ。シーン設定に関しては撮影モードで夜景や風景こそ選べるが数は少なめで、今回は△とした。

 isai FLは4K動画の撮影に対応。しかしマニュアル設定がかなり省かれているため、表では×が並ぶ。カメラ機能をいじりたい人には辛いのだが、オートでキレイに撮れればいいという人には後のテスト次第となるだろう。

 TORQUEはメインカメラの画素数こそ低いが、それでも800万画素もあるのだから十分。手動の設定もできるので、アウトドアの難しい環境での撮影にも対応できそう。しかしオートの撮影ではどうだろうか。

起動時間はHTCとTORQUEの一騎打ちになる

 実際に写真を撮影する前に、カメラのスピードを比較する。まずは起動時間。カメラの設定は初期設定のまま。ロック画面とホーム画面からカメラを起動し、それぞれ3回計測し、動画に撮影して確認している。

  HTC J butterfly isai FL TORQUE
カメラ起動速度 1秒6~1秒77
(ロック画面)
1秒86~2秒20
(ロック画面)
1秒70~1秒86
(ロック画面)
1秒26~1秒27
(ホーム画面)
1秒83~2秒04
(ホーム画面)
0秒90~1秒13
(ホーム画面)

 ロック画面からの起動ではHTC J butterflyがトップ。ロック画面に表示されているアイコンをタップするだけで、他機種のようにスワイプ操作が不要なのが有利だったかもしれない。ホーム画面のトレイから起動した場合も速い。

 ホーム画面からの起動ではTORQUEがトップ。最短タイムでは1秒を切った。ロック画面からの起動でもHTCに次いで速く、ロック画面を左上にスワイプするだけで、操作が失敗することもなかった。スマホ用の手袋をして操作してみたが、やはり滑らないのでカメラの操作もしやすいと感じた。

 isaiはロック画面、ホーム画面どちらからの起動も少し遅い。ロック画面ではスワイプで起動する操作を失敗しがちで、筆者の指を離すタイミングが早過ぎるようだった。また起動時にファインダー画面の明るさが安定するまで少し間があり、そのために時間がかかっている。

サクサク撮影できるのはHTC J butterfly

 次に撮影間隔をチェックする。これもカメラの撮影モードは初期設定のままだ。ただし撮影の様子を録画して確認しても、あまりにもシャッターを切るスピードが速い。HTC J butterflyとTORQUEはプレビュー表示の切替を、isai FLはシャッターを切ったときの画面が光る処理を目安に計測した。

  HTC J butterfly isai FL TORQUE
カメラ撮影間隔 0秒34~0秒56 1秒70~1秒97 0秒60~0秒70

 これはHTC J butterflyの勝ち。たまに間が空くときはあるものの、基本的にポンポンとタッチして撮影を続けられる。

 TORQUEも速く、体感的にはHTCと同じくらいと感じたが、映像で確認すると差がついていた。なお設定のクイック撮影は使っていない。またHTCとTORQUEはサクサク撮れる反面、ピントが甘い、ぶれていることも多々ある。

 逆にisai FLはハッキリ言って遅い。被写体や設定の要素もあったかもしれない。だが1回1回をきちんとピントを合わせて撮影している。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART