このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新パーツ性能チェック ― 第159回

“悪魔”は手強い!? Devil's Canyonこと「Core i7-4790K」の性能

2014年06月26日 17時00分更新

文● 橋本 新義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのDevil's Canyon(デビルズキャニオン:開発コードネーム)こと新Core iシリーズのK型番がいよいよ発売となった。

Devil's Canyonこと「Core i7-4790K」

Devil's Canyonでは
熱設計を改良

 「Core i7-4790K」は、インテルのヘビーユーザー向けCPUの更新というだけなく、従来モデルにあたる「Core i7-4770K」に対して定格、およびターボ時最高クロックともに500MHzという大幅アップを達成。ここ最近イマイチ景気の悪かった新型CPUクロックの大幅更新+定格4GHz突破ということで、一気に熱い注目があつまる製品となった。

 さらにインテルは6月2日から台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEIでも、自作PC向け展示における中心製品として位置づけ、自社ブースのみならず、一部マザーボードメーカーブースなどでもオーバークロック(OC)状態で出展。ダメ押しとしてCOMPUTEX合わせでのOCコンテストまでも実施し、大きな話題となった。

 それというのも、インテルがDevil's Canyonの特徴として、内部の熱伝導物質TIM(Thermal Interface Material)をポリマーベース素材に変更し、とくにOC時での限界クロックを向上させた点を挙げているからだ。

殻割りしたDevil's CanyonのヒートスプレッダとTIM

 TIMはCPUダイからヒートスプレッダに熱を伝える役割があるが、Ivy BridgeやHaswellでは、それまでのCPUで使われていた熱伝導ハンダよりも性能が低いシリコーングリスが使われていた。

 OCを楽しむユーザーにとっては、ここが熱輸送のボトルネックとなり、高性能なCPUクーラーを使ってもクロックが上がらない(i7-4770Kではおよそ4.5~4.6GHzから顕著となる)という問題があった。

 Devil's CanyonではTIMの変更で熱伝導率を上げ、さらにCPUソケット側のコンデンサーなどを増加。熱と電気的な安定性を増し、OCを容易にしているというのである。このあたりの改良がどれほどかが、Devil's Canyonを評価する上で重要なポイントとなりそうだ。

「Core i7-4790K」(写真右)は、転送速度を向上させるためコンデンサーを追加しており、既存の「Core i7-4790」(写真左)とは裏面の構造が異なる

ラインナップは2モデル

 Devil's Canyonとしてラインナップされるのは、「Core i7-4790K」と、「Core i5-4690K」の2モデルだ。両者の違いは、i7-4790Kがハイパースレッディング機能を搭載し、4コアで8スレッド(プログラムの処理単位)を演算可能、i5-4690Kはハイパースレッディング非搭載で4コア4スレッド演算可能という仕様。

 ここまではこれまでと同じなのだが、今回は動作クロックも大きく異なる。i7-4790Kがクロックを景気よく増しているのに対し、i5-4690Kは定格3.5GHz、ターボ時最高3.9GHzと、4790Kに比べると控えめな……というより、これまでのインテルCPUにありがちな“100MHzだけ増加”になっているからだ。

 それでいて価格は、従来モデルとほぼ同じ。i7-4790Kが3万円台後半、i5-4690Kが2万円台中盤といった水準になっている。こうした理由から、予約を受け付けたパーツショップでは、上位モデルであるi7-4790Kに人気が集中している状態だ。

テスト環境

 さて今回は、編集部が早速入手したi7-4790Kのサンプル(ES)品をi7-4770Kと比較しつつ、オーバークロックを含めたベンチマークテストで、果たして噂通りの実力なのかチェックしてみたい。

テスト環境
CPU Intel 「Core i7-4790K」(4.0GHz、ターボ時最高4.4GHz)
Intel 「Core i7-4770K」 (3.5GHz、ターボ時最高3.9GHz)
マザーボード GIGABYTE「GA-Z97X-SOC Force」 (Intel Z97 Express)
メモリー Kingston「HX318C10FWK2/8」(DDR3-1866 4GB×2枚)
SSD Crucial m4 128GB
電源ユニット サイズ「ENERGIA-800P」(800W、80PLUS GOLD)
OS Windows 8.1 Update Enterprise 64bit
マザーボードはZ97チップセット搭載のGIGABYTE「GA-Z97X-SOC Force」を使用。オーバークロッカー向けの製品だ
オーバークロック用のボタンをマザーボードに直接備え、オーバークロックを簡単かつ迅速に行なえるSATA Expressを搭載し、最大10Gb/sのデータ転送が可能だ

→次ページヘ続く (水冷でオーバークロックを試す)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社