このページの本文へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第50回

~師範、Ubuntuのカーネルについて教えてください!~

2011年11月17日 15時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

そもそもカーネルって何ですか?

編集S:難しいことを話してもらう前に、「そもそもカーネルって何?」ということをかるーく解説してもらえると……。

ミズノ:フライドチキン屋さんの前に立ってるアレですね!

編集I:あの、これ突っ込んでいいですよね( ´∀`)

さかもっちー:お約束すぎてもう……。

編集S:ミズノさんを道頓堀に沈めていいです。

編集I:沈めたら〆切に間に合いませんてー! ((((;゚Д゚)))))))

小林:まあ冗談は置いておいて、カーネルというのは「OSのコア部分」ぐらいに思っておいてもらえるといいですね。

あわしろいくや:これだけだとOSとの区別がつきにくいかもですな。

ミズノ:OSに含まれるものっていろいろありますからね。たとえばWindowsならカーネルもInternet Explorerやデスクトップ環境やメモ帳とか色々含まれてますし、UbuntuならFirefoxとかUnityとかEmacsとか色々含まれてますよね?

編集S:Emacsは含まれてない気がするけど、なんとなく言いたいことはわかる。

hito:カーネルはOSの中でも特にコアな部分、って思っておけばOKです。

あわしろいくや:別の言い方をすると、「ハードウェアと、その上で動く各種アプリケーションの間にあるもの」ですな。

編集I:Windowsにもカーネルはあるわけですね。

やまね:ですねー。

ミズノ:で、UbuntuのカーネルはLinuxです、という話になるわけですね。

編集I:「カーネルの種類」としてのLinuxと、「Linuxカーネルを採用したOS」の両方をLinuxと呼ぶのが混乱しやすいポイントですね。

瀬尾浩史:ちょっとめんどくさいところペン。

編集S:ユーザー的にはなにを知っておけばいいもの?

さかもっちー:「システム起動時からずっと動いてくれていて、ハードウェアやファイルシステムを統括してくれているもの」ぐらいの理解でいいんじゃないでしょうか。

編集S:ふむー。

ミズノ:カーネルが古いと新しいハードウェアが見えなかったり(ドライバが古いから)、新しいファイルシステムが使えなかったり、動いてもバグバグだったり、なんてことが起きるわけですね。

あわしろいくや:新しいカーネルになると性能が上がったりすることもありますな。実利用上で体感できるものはめったにないですが。

hito:まあ、デスクトップ用途なら「サポートされてる、もっとも新しいのを使っておけばいいもの」ぐらいの理解であんまり問題ない気はします。カーネルに含まれるレアなバグを気にするケースだと、なんでもかんでも新しくすると危ないですが。

やまね:人柱になるよねー。

あわしろいくや:Linuxの場合はカーネル一式にハードウェアのドライバも含むのがポイントですな。

ミズノ:そうそう。設計上の理由で、Linuxカーネルにはドライバ一式が含まれるのが基本ですね。

さかもっちー:Windowsと違って、「カーネルのバージョンが違うとドライバのバイナリは使いまわせない」というのも注意点です。

hito:そのへんはWindowsとの顕著な違いかもしれませんねぇ。カーネルバージョンが変わると、ドライバは再コンパイルが必要。

編集S:あれ、カーネルのアップデートは無数にした記憶があるけど、ドライバのコンパイルとかした記憶がないのは何故?

小林:UbuntuやDebianの場合、カーネルパッケージにドライバ一式も一緒に入っているからですね。コンパイルはUbuntuで配布する前にしてあります。

やまね:Linuxだとたいていそうかなあ。

hito:例外は、「ソースからドライバをインストールした場合」ですね。この場合はカーネルバージョンあがるたびに自分でコンパイルが必要。まあ、そのへんはきっちり理解してなければ手を出さずにおくか、自力で格闘してみて、うまく行かなかったら自分の実力不足に奮起したりするといいんじゃないかなぁ。

瀬尾浩史:まあ、一般人は「OSのコアとして動いているもの」「アップデートすると対応ハードウェアが増える」「たまーに、ごくごくたまーに性能がアップすることも」ぐらいでいいペン?

あわしろいくや: ← いっぱんじん。

小林:いくやさん一般人じゃないでしょう……?


この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART