このページの本文へ

iPhone 3G 最速レビュー(その1)

本邦初公開! これがiPhone 3Gだ(前編)

2008年07月10日 00時01分更新

文● 宮本朱美

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本語入力


ボタン連打とオサラバ! 秀逸な日本語入力

 iPhone 3Gを実際に使ってみて最も感動したのが、新しく採用された日本語入力方式だ。6月にサンフランシスコで実機を触ったときには気が付かなかったが、新iPhoneには驚くべき仕掛けが隠されていた。

日本語テンキー フルキーボード
日本語テンキー(左)とフルキーボード(右)。テンキーとフルキーボードの切り替えは、左下にある地球マークをタッチする。フルキーボードのキートップはiPod touchより大きくなって打ちやすくなった

 iPhone 3Gで日本語を入力するためのキーボードは2種類あり、パソコンで一般的なQWERTY配列の「フルキーボード」と、日本の携帯電話のボタン式に似た「テンキー」を選べる。

 このうちテンキーは、あかさたな……のかなを10個のキーに割り振って、各キーを連打すると同じ行の違う文字が入力できるので、従来のケータイを同じ入力方式で利用できる。例えば、「あ」のキーを2回タッチすると「い」、5回タッチすると「お」といった具合だ。

 ところが、キーを長押しすると、4辺に別の字を表示し、一度のタッチで目的の字を選べるのだ! 例えば「あ」を長押しすると、左から時計回りに「い」「う」「え」「お」と表示され、指を1度スライドするだけで入力できる

変換候補 ほかの変換候補
キーを長めにタッチすると、ほかの候補を花びらのように周辺に表示してくれる少ない操作で目的の字を入力できる。変換候補の右端にある矢印にタッチすると、ほかの変換候補が空きスペースいっぱいに現われる

 さらに慣れてきたら、キーを長押しする操作を省いて、上下左右に指をスライドする入力方法を使うのが便利だ。「あ」を左にスライドすれば「い」、下にスライドすれば「お」が一発で入力できる。

 この入力方式、文章で書くと複雑に思えるかもしれないが、触って試してみればすぐ理解できる。筆者は携帯電話のボタン連打式入力が苦手で今まで敬遠していたが、iPhoneは数時間触っただけで、フルキーボードを使ったローマ字入力より、テンキー入力のほうが高速に入力できるようになった。テンキーはフルキーボードよりキーの数が少ないぶん、ひとつひとつのキーが大きいのもメリットだ。

上下左右にスライド キーにタッチした指を上下左右にスライドすると、一回の操作で文字を指定できる。配列に慣れたらこの方法を使うと、入力速度が格段にスピードアップする

 予測変換機能も備えており、数文字入力するだけで当てはまる変換候補を1ライン表示。変換候補を選ぶには「次候補」にタッチするか、指で直接タッチする。変換候補の右端にある矢印をタッチすると、他の変換候補を空き画面いっぱいに表示する。

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART