このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

iPhone 3G 最速レビュー(その3)

本邦初公開! これがiPhone 3Gだ(後編)

2008年07月14日 16時00分更新

文● 宮本朱美

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前編中編を読んでいただいた方、お待たせして申し訳ないっ! 後編では、iPhone 3G発売後にオープンした目玉機能のひとつ「App Store」を中心に、iPhoneの魅力に迫っていこう。



App Store


アプリケーションをカンタンに追加!

App Store
「App Store」
iPod touch用のアップデーターは1200円で、iTunes Storeから購入できる

 iPhone 3Gの発売とともに始まった「App Store」は、iPhone用のアプリケーションをオンラインで購入できる新サービスだ。手持ちのiPod touchや初代iPhoneも、OSを「iPhone OS 2.0」にアップデートすれば「App Store」を利用できる。iPod touch用のアップデーターはiTunes Storeから購入可能だ。

 App Storeを使えば、ユーザーは、iTunes Storeで曲を買うのと同じ手軽さで、iPhone用のアプリをオンラインで購入できる。開発者にとっては、売り上げの3割をアップルに納める代わりに、iTunes Storeの販売網を利用して、世界のユーザーにアプリを販売できるメリットがある。

 今までiTunes Storeで楽曲を購入できる国は北米地区、日本、オーストラリア/ニュージーランド、欧州諸国の全22ヵ国だったが、App Storeのオープンに伴ってアジア、南米、アフリカにまで広がり、全63カ国になった。中には中国のように、iPhoneがまだ発売されていないにもかかわらず、iTunes Storeだけオープンした国もある。

 今年3月にiPhone SDK(アプリ開発に必要な仕組み)が公開されて以来、わずか4ヵ月しか経っていないにもかかわらず、App Storeには600を超えるソフトが並んだ。12日時点で日本のApp Storeの内訳を見ると、iPhone用アプリは現在609個。うち132個は無料で提供されている。米国のApp Storeはソフトの数が日本よりやや多く、iPhone用アプリは全656個、無料で提供されているものは150個だった。

App Storeの国
App Storeを利用できる国/地域の一覧。星印の40ヵ国は、iTunes Storeが新しくオープンした国で、楽曲は売っておらず、iPhone用のアプリだけ販売している

 パソコンのiTunesでiTunes Storeにアクセスし、ホーム画面の一番下にあるポップアップメニューで国を切り替えると、各国のiTunes Storeの様子を見られる。国別に、人気アプリのランキングを見ると、意外なアプリがトップに来ていて興味深い。

iBeer ルクセンブルグにおける有料アプリの一番人気は、ジョークソフトの「iBeer」(350円)だった。iPhoneの傾きセンサーを利用して、ビールを飲み干す様子を再現

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART