このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第87回

スマホでPC電源を切れるASUSマザーボードがわりと便利

2018年11月06日 17時00分更新

文● ジサトラカクッチ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
見よこの頑丈そうなASUS「TUF X299 MARK 1」の雄姿を!4万4750円でヨドバシさんで購入。ほんとに早く届きますから。MARK 2とも悩みましたけど上位でいきたいと。ガンダムはMarkⅡが好きですね。

X299マザーを変更したら何か変わった?

 どうも~ジサトラカクッチです。だいぶ時間が空いてしまいましたが、我が家の自作PCのマザーボードをASRock「Fatal1ty X299 Gaming K6」からASUS「TUF X299 MARK 1」に換装したのちの感触をお伝えしたいと思います。

 ASRock時代の、使うにつれての不具合は大きく以下の3つでした。

・サンダーボルト3を使い転送をしているとフリーズする
・SATAのブートドライブを見失い起動ディスクが見当たらなくなる
・グラボのディスプレードライバーを見失う現象

オプション別売のASUS「ThunderbpltEX3 Expansion Card」も当然購入。価格は1万円前後でした。ASRockのボードより高価ですがそもそも需要少ないので高いのもやむなしかと。

 これを用いてThunderbolt3の外付けRAIDボックスを接続し、転送しながらしばらく使っていましたが特にフリーズすることもなく解決した感じです。ですけども~このTB3ボードは挿せるPCIeスロットが限定されてます。これはマニュアルを事前に確認しないと気づけないものなので、TB3を使う人は注意が必要です。なぜなら、この仕様のため、ボクはSLIとTB3は物理的に排他利用を迫られてしまったからなのです。

UEFIからTB3をEnabledにしなくてはいけないのですが、挿すスロットを指定するプルダウンメニューがでてきます。16_1はとうぜんほとんどの人がグラボを挿すのでナシ。16_2も2枚目のGTX1080を指すからナシ。4_2も2枚目のGTX1080と干渉して挿せないぞ~い。

 といった感じでSLIが使いたければTB3ボードを外す、な~んてことやってられるわけないですよね。これはRTX2000も近いことですし、GeForce GTX1080のSLIはあきらめるしかないです。というか、2000シリーズでも結局変わらなくね? という感じではありますが・・・・。

 続きでは、SSDヒートシンクも兼ねたTUFの冷却力と、「TUF DETECTIVE2」スマホアプリで何が便利になったのかを紹介したいと思います。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラ カクッチ
勢いで映画の「トゥームレイダー ファースト・ミッション」を見てみました。主演のアリシア・ヴィキャンデルさんはエクス・マキナで女優賞取りまくりの方で演技力はすさまじいものですよ。アンジーも良かったですけどね(笑)

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!