このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第91回

ベンチマークソフト「3DMark」でCore i9-9900K内蔵のUHD Graphics 630を計測

2019年01月07日 17時00分更新

文● ジサトラショータ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DirectX 12対応だが負荷は軽め

おなじみのベンチマークソフト「3DMark」に追加されたテスト「Night Raid」。モバイル向けや統合型GPUでの計測を想定しており、軽負荷です。

 自分のPCスペックが気になるゲーマーや自作erの皆さまはもちろん、我々のような職業ベンチマーカーもお世話になっている有名ベンチマークソフトのひとつに、UL Benchmarksの「3DMark」があります。描画負荷が異なるいくつかのテストで構成されており、DirectX 12対応の「Time Spy」やDirectX 11対応の「Fire Strike」などは最早おなじみと言ってもいいでしょう。そんな3DMarkですが、昨年10月のアップデートで新たなテスト「Night Raid」が追加されていたのをご存知でしょうか?

 Night Raidは、先に述べたTime Spyと同じDirectX 12対応のベンチマークですが、モバイル向けGPUや統合型GPUでの利用を想定し、描画負荷を低く抑えているのが大きな特徴です。「DirectX 12のテストがしたいけど、Time Spyだと負荷が高すぎてスコアーが相対的に低くなってしまうから比較がしづらい」というローからミドルスペックのPCにあわせたテストと言えるでしょう。ハードウェア要件ですが、OSはWindows 10(ARM版でも実行可能)、CPUは2コア/動作クロック1.8GHz以上、ビデオメモリーは1GB以上、ストレージ容量は2GB以上となります。もちろんDirectX 12対応は必須です。

今週の研究員

ジサトラショータ
 ジサトラのフレッシュスムージー。趣味はオンラインゲームだが、基本的に友人とチャットばかりして冒険には出ない。今回は「親の顔より見たベンチマーク」こと3DMarkネタです。何気に「Time Spy」のコスプレとかしたら業界内でバカウケ狙えるのではないかと思っています。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!