このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第55回

打倒Core i9! Core i7-7820Xオーバークロック 空冷編

2017年09月25日 12時00分更新

文● ジサトラカクッチ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
まるでサイ○ムのPCのようなソリッドでホワイトな自作機に! 正直、Fractal Designの「Define R5」は良いPCケースです

i7-7820Xにリフレッシュしたマイ自作PCの底力は?

 どうも~ジサトラカクッチです。ついにCore-Xシリーズの「Core i7-7820X」(実売7万円前後)を購入し、Broadwell-Eのi7-6850K環境を卒業することになりました。マザーボードは、X99環境からダウングレードし、ASRock「Fatal1ty X299 Gaming K6」(実売3万9000円前後)にしました。Wi-Fiはいらない! ゲーミングPCなので有線LANで良い! という割り切りですね。驚いたことにCPUとマザーボードだけで11万円という、これぞCore-X系プラットフォームの価格の高さ。よく考えたらGTX 1050搭載のゲームPCを1台新調できるんじゃないかと思いますが、考えたら負けです。

X99環境のマザーからCPUクーラーを引っぺがせばあらま汚い! 愛煙家のPCは特に汚れやすくて困りものですが、この換装を機に掃除しました
どうですかー8コア16スレッド。ポイントは第8世代のメインストリームCore i7も6コアまでしか出ないということで8コア以上のCPU選択はもはやマストです
CINEBENCH R15を回すと、ノーマルの状態ではこんな性能出ました。i7-7700Kが192前後なのでなかなかシングルでいい感じですね。マルチは970前後なので、約2倍

 素でここまで換装するのに実はトラブルもあり苦戦していましたがそれは後述するとして、今回のキモはプチオーバークロックです。ジサトライッペイがCore i9でブイブイ言わせているので、であれば! 7820Xのオーバークロックで実売価格5万円差を埋めてやれ! というのが今回のミッションです。結果から言うとSkylake-Xはかなりオーバークロックしやすい印象ですよ。これまで使っていたBroadwell-EがOCしづらかったのがウソみたいです。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラ カクッチ
Core i7-7820Xの性能の良さに感激しているジサトラのボス兼アスキー副編集長。X79やX99マザーの人はほんと買い替えてよいと思いますよ。今回の検証で空冷の限界にすばやく到達してしまったので、冷却パーツを見直したいきもちに。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!