このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第37回

新興国で絶大な人気を誇るOPPOがもたらす驚きの数々

2017年04月16日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンの世界シェア争いで、4位のグループをけん引する存在にまで登りつめたOPPO(オッポ)。新興国を中心にした製品展開ながら、独自の機能で着々と人気を高めています。日本を含む先進国への展開も期待される、OPPOのこれまでを振り返ります。

若者を知り尽くしたメーカーがフルスペックキーボード端末で開花

 元々は音楽プレーヤーなど音響製品を手がけていたOPPO。2000年代は第1次中国メーカーブームに乗っかり、低価格なフィーチャーフォンから携帯電話市場に参入します。

 他社との差別化は、高性能な音楽再生機能、そして、ファッショナブルな本体デザイン。中国国内の若いユーザー向けの製品を多数輩出していきました。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!